• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 「回路技術の工夫でThunderboltのデータ伝送距離を1.5倍に」、Intersilに聞く

「回路技術の工夫でThunderboltのデータ伝送距離を1.5倍に」、Intersilに聞く

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/07/31 22:50
  • 1/1ページ
 Thunderboltは、米Intel Corp.や米Apple Inc.が共同で開発した高速差動インタフェース技術である。パソコンで取り扱うデータは、日増しに大容量化している。このため、映像データや画像データ、音声データなどを、パソコンとその周辺機器との間でやり取りすると、非常に長い時間がかかる。この時間を大幅に短縮することを目的に開発されたのがThunderboltだ。すでに実用化が始まっている。2011年2月に発売されたアップル社のノート・パソコン「MacBook Pro」に搭載され、それを受けてハード・ディスク装置(HDD)や液晶モニターなどの対応品の製品化も始まっている。このThunderbolt市場に向けて米Intersil Corp.は、アクティブ・ケーブル用トランシーバICなどを製品化した。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ