• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 「回路技術の工夫でThunderboltのデータ伝送距離を1.5倍に」、Intersilに聞く

「回路技術の工夫でThunderboltのデータ伝送距離を1.5倍に」、Intersilに聞く

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/07/31 22:50
  • 1/1ページ
 Thunderboltは、米Intel Corp.や米Apple Inc.が共同で開発した高速差動インタフェース技術である。パソコンで取り扱うデータは、日増しに大容量化している。このため、映像データや画像データ、音声データなどを、パソコンとその周辺機器との間でやり取りすると、非常に長い時間がかかる。この時間を大幅に短縮することを目的に開発されたのがThunderboltだ。すでに実用化が始まっている。2011年2月に発売されたアップル社のノート・パソコン「MacBook Pro」に搭載され、それを受けてハード・ディスク装置(HDD)や液晶モニターなどの対応品の製品化も始まっている。このThunderbolt市場に向けて米Intersil Corp.は、アクティブ・ケーブル用トランシーバICなどを製品化した。
【技術者塾】(8/31開催)
車載電子機器の中身はこうなっている/b>
~自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置~


本講座では、自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置を構成する電子部品について、実際に講師が分解した機器を見ながら解説いたします。分解の結果として、どこのどのような部品が使用され、今後はどのような機能や部品が使用されるかについての講師の考察についても述べます。市場の評価が高い、スバルのアイサイトについても解説いたします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月31日
会場 : エッサム神田ホール
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓