アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

「回路技術の工夫でThunderboltのデータ伝送距離を1.5倍に」、Intersilに聞く

山下 勝己=テクニカル・ライター
2012/07/31 22:50
印刷用ページ
 Thunderboltは、米Intel Corp.や米Apple Inc.が共同で開発した高速差動インタフェース技術である。パソコンで取り扱うデータは、日増しに大容量化している。このため、映像データや画像データ、音声データなどを、パソコンとその周辺機器との間でやり取りすると、非常に長い時間がかかる。この時間を大幅に短縮することを目的に開発されたのがThunderboltだ。すでに実用化が始まっている。2011年2月に発売されたアップル社のノート・パソコン「MacBook Pro」に搭載され、それを受けてハード・ディスク装置(HDD)や液晶モニターなどの対応品の製品化も始まっている。このThunderbolt市場に向けて米Intersil Corp.は、アクティブ・ケーブル用トランシーバICなどを製品化した。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング