エネルギー
 

パナソニック、植物並みの効率の人工光合成を窒化物半導体で実現

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/07/30 16:04
印刷用ページ
 パナソニックは2012年7月30日、植物並みの効率で人工光合成できるシステムを開発したことを明らかにした(パナソニックのプレス・リリース)。人工光合成とは、水と二酸化炭素、太陽光から有機物を作り出すという植物の光合成を人為的に実現することである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング