• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【3DS LL分解その6】再び悪戦苦闘

日経エレクトロニクス分解班
2012/08/01 00:37
1/1ページ
図1 金属シールを剥がすとネジが見えた。右上にあるのが、金属シール。
図1 金属シールを剥がすとネジが見えた。右上にあるのが、金属シール。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 上側筐体の内部
図2 上側筐体の内部
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 アンテナがあった
図3 アンテナがあった
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 液晶パネル・モジュールや両スピーカー、カメラ・モジュールのそれぞれとつながっているフレキシブル基板
図4 液晶パネル・モジュールや両スピーカー、カメラ・モジュールのそれぞれとつながっているフレキシブル基板
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 長方形型のスピーカー
図5 長方形型のスピーカー
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図6 もう一方のスピーカー
図6 もう一方のスピーカー
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 続いて、上側筐体の分解を試みる。同筐体には、裸眼3D表示対応の液晶パネル・モジュールの他、スピーカーやカメラ・モジュールが搭載されている。

 上側筐体を見渡してもネジがない。そこで、まずは側面のすき間にマイナス・ドライバーを差し込み、開こうと試みる。が、ほとんど開かない。裸眼3D表示対応のディスプレイの角部分の周辺には、小さいゴム・カバーが付いている。合計4カ所ある。怪しい。この下にネジがあるのではないか。

 そこで、マイナス・ドライバーを使ってこのゴム・カバーを取り除く。しかし、ネジはなく、金属が見えるだけだ。うーん、ここじゃないのか。

 ネジじゃないなら、周辺部分を両面テープなどで接着しているのかと考え、ヒート・ガンで熱してみる。しかし、ほとんど進展がない。しかし、ネジが見当たらない以上、しぶとくヒート・ガンで熱していると、上側筐体の樹脂が少し柔らかくなり、マイナス・ドライバーで強引に開こうとすると、すき間が徐々に広がり、中を覗けるようになってきた。そこで、さっそくすき間の先を見てみると、ネジらしきものがある。位置から判断するに、さきほどの小さいゴム・カバーの下だ。どうやら、金属の下に、ネジが隠れているようだ。

 そこで、先ほどの金属部分をマイナス・ドライバーでこすると、あっけなく金属がはがれ、ネジが見えた(図1)。金属部分はうすいシールのようになっていただけだった。残りの部分のネジを外し、ようやく上側筐体を開く(図2)。

 液晶パネル・モジュールの両側にスピーカーが、上側にカメラ・モジュールが搭載されている。一方の側面には、無線通信用のアンテナが配置してあった(図3)。ヒンジ部分に通してあった3枚のフレキシブル基板は、液晶パネル・モジュールや両スピーカー、カメラ・モジュールのそれぞれを、メイン基板とつなげるためのものだった(図4)。アンテナは同軸ケーブルでメイン基板と接続されている。

 スピーカーは、3DSと形状が異なる。3DSは丸型のスピーカーだったのに対し、3DS LLでは縦に長い、長方形型になった(図5、6)。カメラ・モジュールは、3DS搭載品と比較して、大差ない。外側の3D映像の撮影向けカメラ2個と、内側のカメラ1個、計3個を一体化している(図7)。

 ここまでで、ひとまず分解を終える。後は少々時間を掛けて、筐体上下に搭載する液晶パネル・モジュールなどを分析する予定だ。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング