家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【3DS LL分解その4】メイン基板を取り出す

日経エレクトロニクス分解班
2012/07/28 14:38
印刷用ページ
図1 ヒンジ部分にはフレキシブル基板が3枚通っている。この3枚の基板は、メイン基板側とつながっている。こうしたフレキシブル基板を外してメイン基板を取り出した
図1 ヒンジ部分にはフレキシブル基板が3枚通っている。この3枚の基板は、メイン基板側とつながっている。こうしたフレキシブル基板を外してメイン基板を取り出した
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 無線LANモジュールと接続されている同軸ケーブルが邪魔で、メイン基板を完全に取り出せない
図2 無線LANモジュールと接続されている同軸ケーブルが邪魔で、メイン基板を完全に取り出せない
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 無線LANモジュールをメイン基板から外す
図3 無線LANモジュールをメイン基板から外す
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 メイン基板の裏面。写真の右下に、電源ICとみられるチップが実装されている
図4 メイン基板の裏面。写真の右下に、電源ICとみられるチップが実装されている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
前回はこちら

 下側の筐体を開くと、メイン基板が実装されていた。メイン基板をより詳細に見るために、筐体から取り出そうと試みる。基板は、緑色のネジで固定されている。計10カ所ある。ネジ数が多いと感じたが、子供が乱暴に扱う製品だけに、しっかりと固定しているのかもしれない。10本のネジと、メイン基板に接続されているフレキシブル基板を外して、メイン基板を筐体から取り出す(図1)。

 無線LANモジュールと接続されている同軸ケーブルが邪魔で、メイン基板を完全に取り出せない(図2)。そこで、メイン基板から同モジュールを外した。ボード・ツー・ボードのコネクタを介して接続されていた(図3)。モジュールを外した後、同軸ケーブルも取り除いた。

 メイン基板の裏(ユーザーが操作時は表側)を見ると、ほとんど部品が実装されていない(図4)。メイン基板の裏面のレイアウトも3DSとほぼ同じだ。「93045A4」という刻印のある半導体チップと、その周辺に複数の受動部品がある程度だ。その裏側には、SDメモリーカードのスロットと、Liイオン2次電池用の接続端子があった。そのため、この半導体チップは、電源ICとみられる。電源ICの配置は、3DSとほぼ同一だ。

 メイン基板の表と裏には,やはりメインCPUがない。3DSと同様に、ゲーム・ソフト用スロットの下に実装されているのだろう。では、同スロットを外してみますか。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング