家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

NEC、920MHz帯の特定小電力無線モジュールを8月末量産へ

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2012/07/19 23:00
印刷用ページ
外形寸法は39.5mm×20.0mm×3.9mm
外形寸法は39.5mm×20.0mm×3.9mm
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NECは、920MHz帯の特定小電力無線モジュール「H001-000013-001」を開発した。同社は950MHz帯や2.4GHz帯を利用した同種のモジュールを提供しているが、今回920MHz帯に対応した。2012年8月末に量産を開始する。

 920MHz帯は、総務省の周波数再編によって2012年7月25日以降に本格的に利用可能になる周波数帯域。従来950MHz帯を利用していたセンサ・ネットワーク関連の無線モジュールなどが、今後920MHz帯に変更されていく状況にある。

920MHz帯の解禁を待つ顧客も


 920MHz対応品は、NECが950MHz帯無線モジュールとして既に量産している「H001-000003-001」をベースに開発した。外形寸法やコネクタに互換性があり、「周波数の以降を容易に進められる」(同社 共通ソリューション開発本部 組込みソリューション開発部 マネージャーの高橋広昭氏)とする。

 用途としては、特に住宅のエネルギー管理システム「HEMS(home energy management system)」向けでの引き合いが強いようだ。「顧客の中には、920MHz帯の利用が解禁となる時期を待ってサービスを開始しようと検討している企業も多い」(同氏)という。

ZigBeeへの対応も検討中


 今回開発したモジュールは、出力が1mW、5mW、10mW、20mWの4種類を用意した。無線通信速度は、9.6kビット/秒、50kビット/秒、100 kビット/秒の三つを用途に応じて切り替えられる。対応する変調方式はGFSK。「ARIB STD-T108」に準拠し、同規格で規定されている送信休止時間をモジュール内で算出し、必要であれば休止時間を経過した後にデータを送信する機能を備える。

 無線通信方式には独自プロトコルを採用しているが、規格策定が進んでいる920MHz帯のZigBeeにも「正式に策定されれば対応していく方針」(同氏)だ。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング