• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 【テクノフロンティア 12】ベルニクス、外形寸法を61%削減したデジタル電源モジュールを開発

【テクノフロンティア 12】ベルニクス、外形寸法を61%削減したデジタル電源モジュールを開発

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/07/13 23:30
  • 1/1ページ
 ベルニクスは、外形寸法を従来品に比べて61%削減したとするデジタル電源モジュール「BDG-400M」を開発し、2012年7月11日~13日に東京ビッグサイトで開催された「TECHNO-FRONTIER 2012 第27回電源システム展」に出品した。外形寸法は250mm×78mm×42mmで、1Uのラックに収めることが可能だ。入力電圧範囲は交流85~264Vで、出力は直流+5Vと直流+12V、直流+24Vの3系統を備える。3系統合計の出力電力は400Wである。医療機器や情報機器、測定器、半導体製造装置、半導体検査機器などに向ける。

おすすめ