• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【テクノフロンティア12】リニアテクノロジー、2011年12月に買収したDust Networks社の製品を初披露

【テクノフロンティア12】リニアテクノロジー、2011年12月に買収したDust Networks社の製品を初披露

エネルギー・ハーベスティングとの組み合わせを提案

  • 久米 秀尚=日経エレクトロニクス
  • 2012/07/13 21:00
  • 1/1ページ
SmartMeshの子機向けモジュール(左)と親機向けモジュール(中央と右)
SmartMeshの子機向けモジュール(左)と親機向けモジュール(中央と右)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Linear Technology社の日本法人であるリニアテクノロジーは、「TECHNO-FRONTIER 2012」(2012年7月11日~13日、東京ビッグサイト)で、2011年12月に買収した米Dust Networks社の製品を国内初披露した(発表資料)。

 Dust Networks社は、「SmartMesh」と呼ぶ無線センサ・ネットワーク技術を持つ企業で、米General Electric(GE)社や米Emerson Electric社などを顧客に持つ。

 SmartMeshは、データを収集・中継するノード(子機)と、無線ネットワークの状態や性能を管理する親機、ホスト・アプリケーションに送るネットワーク・マネージャで構成する。子機はメッシュ・ネットワークを構築し、冗長性を確保しているとする。特徴は低消費電力性で、「従来の無線技術では5年で1次電池を交換する必要があったが、SmartMeshであれば20年は電池交換が不要になる」(リニアテクノロジーの担当者)という。

 リニアテクノロジーはTECHNO-FRONTIERの会場で、Dust Networks社のSmartMeshにエネルギー・ハーベスティングと組み合わせることを提案していた。エネルギー・ハーベスティングは身の回りの微小なエネルギーを電力に変換する技術。両者を組み合わせることで「電池交換が不要でメンテナンス・フリーの無線センサ・ネットワークを実現できる」(リニアテクノロジー)とアピールした。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ