• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップCOLLEGE > 調光機能を備えたLEDモジュール、特徴と狙いをシャープに聞く

調光機能を備えたLEDモジュール、特徴と狙いをシャープに聞く

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2012/06/28 16:55
  • 1/1ページ
 次世代照明の一つとして、本格的な普及期を迎えつつあるLED照明。最終製品の性能向上に向けて、シャープが2012年3月に開発したのが、調色機能を持つ照明用LEDモジュール「GW6TGCBG4FD」である。スポットライトやダウンライトの光源に向けたものであり、2012年5月末に量産を開始した。開発品の技術的特徴や狙いを、シャープ 電子デバイス事業本部 ライティングデバイス事業部 副事業部長 兼 企画部長の井内徹氏と同事業部 第二開発部 部長の植村豊徳氏に聞いた。
【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ