COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

調光機能を備えたLEDモジュール、特徴と狙いをシャープに聞く

佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2012/06/28 16:55
印刷用ページ
 次世代照明の一つとして、本格的な普及期を迎えつつあるLED照明。最終製品の性能向上に向けて、シャープが2012年3月に開発したのが、調色機能を持つ照明用LEDモジュール「GW6TGCBG4FD」である。スポットライトやダウンライトの光源に向けたものであり、2012年5月末に量産を開始した。開発品の技術的特徴や狙いを、シャープ 電子デバイス事業本部 ライティングデバイス事業部 副事業部長 兼 企画部長の井内徹氏と同事業部 第二開発部 部長の植村豊徳氏に聞いた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング