ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

「大きさは1.9倍」、任天堂が大画面版3DSを発表

根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/06/22 13:28
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 任天堂は、同社の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の大画面版「ニンテンドー3DS LL」を発表した。2012年7月28日に希望小売価格1万8900円で発売する。裸眼3D映像を表示できる上画面を4.88型に、タッチ・パネルを搭載した下画面を4.18型にした。従来の3DSと比較して、それぞれ1.9倍になっている。かねて発売が噂されてきた3DS LLが、このたび正式に発表された形だ。

 3DS LLと同時に、3DS対応ゲーム「New スーパーマリオブラザーズ 2」と「東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」を発売する。いずれも、人気シリーズの続編である。

3DS LLの折り畳み時の大きさは縦93mm×横156mm×厚さ22mmで、質量は約336g。3DSでは、同縦74mm×横134mm×厚さ21mm、約235gだった。3DS LLでは、「レッド×ブラック」「シルバー×ブラック(SILVER×BLACK)」「ホワイト(WHITE)」の本体色が準備されている。

 なお、3DSの国内での販売台数について、任天堂は「推定で約630万」とする。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング