• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「大きさは1.9倍」、任天堂が大画面版3DSを発表

「大きさは1.9倍」、任天堂が大画面版3DSを発表

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2012/06/22 13:28
  • 1/1ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 任天堂は、同社の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の大画面版「ニンテンドー3DS LL」を発表した。2012年7月28日に希望小売価格1万8900円で発売する。裸眼3D映像を表示できる上画面を4.88型に、タッチ・パネルを搭載した下画面を4.18型にした。従来の3DSと比較して、それぞれ1.9倍になっている。かねて発売が噂されてきた3DS LLが、このたび正式に発表された形だ。

 3DS LLと同時に、3DS対応ゲーム「New スーパーマリオブラザーズ 2」と「東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」を発売する。いずれも、人気シリーズの続編である。

3DS LLの折り畳み時の大きさは縦93mm×横156mm×厚さ22mmで、質量は約336g。3DSでは、同縦74mm×横134mm×厚さ21mm、約235gだった。3DS LLでは、「レッド×ブラック」「シルバー×ブラック(SILVER×BLACK)」「ホワイト(WHITE)」の本体色が準備されている。

 なお、3DSの国内での販売台数について、任天堂は「推定で約630万」とする。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ