• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【VLSI】バックプレーン向け光トランシーバ技術から銅ケーブルでの長距離化技術まで、活発な議論が行われた有線通信セッション

【VLSI】バックプレーン向け光トランシーバ技術から銅ケーブルでの長距離化技術まで、活発な議論が行われた有線通信セッション

  • 寺田 純=NTTアクセスサービスシステム研究所
  • 2012/06/22 11:28
  • 1/1ページ
 「2012 Symposium on VLSI Circuits」における有線通信向け技術の講演は、Session 13「High Performance Transceivers」において、バックプレーン向け光トランシーバ技術から銅ケーブルでの長距離化技術まで、興味深い回路技術の報告があった。本セッションは、講演終了時の質疑に加え、セッション終了後も複数の聴講者が講演者を取り囲んで長時間にわたる意見交換が行われるなど、最も活発な議論が行われたセッションの一つであったといえる。以下、本セッションの4講演について紹介していく。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓