ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

台湾の研究所がLytroを独自に「再現」

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2012/06/21 12:45
印刷用ページ
開発した光場カメラで撮影したデータ情報の表示画面
開発した光場カメラで撮影したデータ情報の表示画面
[クリックすると拡大した画像が開きます]
撮影デモの様子
撮影デモの様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
撮影に利用したカメラ
撮影に利用したカメラ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 台湾Industrial Technology Research Institute(ITRI、工業技術研究院)は台北市で開催中の展示会「Display Taiwan 2012」で、データを信号処理することで、撮影後に任意の距離に焦点を合わせた映像を作成できるカメラを出展した。

 ITRIによれば、これは2011年に米Lytro社が発売したデジタル・カメラ「Lytro」とほぼ同じ原理に基づくという。Lytroは、「Light Field Camera(光場カメラ)」とも呼ばれるカメラの一つ。一般のカメラとの最大の違いは、撮影した映像データには、光の強さや色だけでなく、光が来た方向も記録されている点。光を出す角度を複数方向用意して3次元(3D)映像の表示を実現しているいくつかの3Dディスプレイの逆とも言える。撮影後の焦点合わせは、撮影データの中から特定の方向から来た光のデータを選び出すことで実現する。撮影データから3D映像用にデータを作ることも可能となる。

 ITRIはこの光場カメラを、市販のデジタル・カメラと独自に設計・開発したソフトウエア群「Digital Optics Design Platform(DODP)」で実現したという。カメラには、デンマークPhase One社の高精細カメラを利用した。「従来の光場カメラに比べて、より簡素なシステムで同様なことを実現できる」(ITRI)という。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング