• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【VLSI】医療向け応用などを目指し、無線通信LSIの超低消費電力化が着実に進む

【VLSI】医療向け応用などを目指し、無線通信LSIの超低消費電力化が着実に進む

  • 阿川謙一=東芝 半導体研究開発センター
  • 2012/06/18 18:44
  • 1/1ページ
 半導体集積回路の設計技術に関する国際シンポジウム「2012 Symposium on VLSI Circuits」は、2012年6月13~15日の日程で米国ホノルルにて開催された。シンポジウムは、23のセッションから構成され、無線通信RFアナログLSI関係のセッションは、超低消費電力通信のセッション5「Ultra Low Power Radios」、ミリ波通信が中心のセッション7「High Data Rate Wireless and Imaging」、TransferJetや2.4GHz WLAN、3Gのマイクロ波帯規格通信が中心のセッション10「Wireless Connectivity and Software Defined Radios」の三つのセッションが設けられた。本レポートでは、低消費電力通信LSIに関するセッション5について報告する。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓