• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 「論理エミュレータ、もっともっと高速化」、富士通マイクロソリューションズが講演

「論理エミュレータ、もっともっと高速化」、富士通マイクロソリューションズが講演

  • 小島 郁太郎=Tech-On!
  • 2012/06/18 16:38
  • 1/1ページ
ハードウェアの論理エミュレータを利用すればソフトウェアの論理シミュレータを使う場合に比べて検証速度を上げられる。ただし、単に論理エミュレータを導入しただけでは、その効果は限定的。利用方法の工夫でもっと高速化が図れる。その実例を、富士通マイクロソリューションズ(以下、FMSL)が、「EVE 0-Bug Conference 2012 Summer」(日本イブが2012年6月15日に新横浜で開催)で語った。講師は同社の西川健司氏(技術開発統括 設計技術開発部)が務めた。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓