• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【COMPUTEX】RealtekがWiDiやMiracastに準拠した映像伝送システムをデモ

【COMPUTEX】RealtekがWiDiやMiracastに準拠した映像伝送システムをデモ

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2012/06/08 01:07
  • 1/1ページ
据え置き型装置のボード。飛び出しているボード部分が無線LANのモジュール
据え置き型装置のボード。飛び出しているボード部分が無線LANのモジュール
[画像のクリックで拡大表示]
USBに挿すタイプの装置
USBに挿すタイプの装置
[画像のクリックで拡大表示]
映像伝送装置のメニュー画面。WiDi、Wi-Fi Display(Miracast)、AirFunに対応していることが分かる
映像伝送装置のメニュー画面。WiDi、Wi-Fi Display(Miracast)、AirFunに対応していることが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾Realtek Semiconductor社は「Computex Taipei 2012」において「Wi-Fi CERTIFIED Miracast」(従来はWi-Fi Displayと呼ばれていた)やWiDiなどに対応した無線LANを使った映像伝送装置を展示している。

 実際に動作させて来場者に見せていたのが、テレビのHDMIコネクタに接続する無線LANアダプタ。H.264のコーデックを内蔵した映像家電向けのSoC「RTD1185」と同社の無線LANチップを内蔵する。製品としては、据え置きタイプのものと、テレビ本体に直接挿すタイプのものがあり、前者はACアダプタ、後者はUSBから給電する形だった。

 Realtekがこの装置の上で動作するソフトウエアの提供も行う。映像伝送のプロトコルとしてMiracast、WiDiに加え、同社独自の「AirFun」に対応している。「AirFunはMiracastやWiDiに対応していないパソコンやタブレット端末、スマートフォンからも映像を送れるように用意したもの」(説明員)という。

 展示に使った半導体製品もソフトウエアも完成している。「Wi-Fi AllianceのMiracastの相互接続テストが2012年8月に開始された後、搭載製品が市場に投入されることになる」(同)ようだ。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓