家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【E3】SCE、PS3向け書籍型周辺機器「ワンダーブック」をデモ

根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/06/06 16:12
印刷用ページ
図1 デモの様子。テレビの下にPS Eyeがある
[画像のクリックで拡大表示]
図2 展示されていたワンダーブック。右においてあるのは約500mlのペットボトル
[画像のクリックで拡大表示]
図3 ワンダーブックのARマーカー
[画像のクリックで拡大表示]
図4 ワンダーブックの表紙
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、AR技術を活用した新しい書籍型周辺機器「ワンダーブック」とその第一弾対応ソフト「ワンダーブック:ブックオブスペルズ」のデモを披露した。

 ワンダーブックは、PS3用カメラ「PlayStation Eye」と、ジェスチャー入力システム「PlayStation(PS)Move」の「モーションコントローラ」を組み合わせて利用する(図1)。ARマーカーの描かれた書籍を捉えると、その映像の上にコンテンツを重畳して表示し、そのコンテンツをPS Moveモーションコントローラで操作して楽しむ。出展されていた書籍は、やや大きい絵本のような大きさで、見開き6ページ分に表紙と裏表紙をあわせた計14ページのもので、各ページにARマーカーが記載してあった(図2~4)。

 筆者は実際にワンダーブック:ブックオブスペルズを利用してみたが、想像以上に追従性が高かった。カメラが捉えられる範囲内であれば、書籍を普通に動かす程度では、書籍に重畳しているコンテンツがずれたりすることはなかった。

 ブックオブスペルズでは、PS Moveモーションコントローラに魔法の杖の映像を重畳して表示する。団扇を仰ぐような速度で同コントローラを動かしてみたが、杖の映像がずれることはなかった。加えて、画面内に表示されている仮想的な物体に杖で触れると、なんらかの反応を起こす場合がある。例えば、杖の先端に火が付いている場合、その先を画面内のたいまつの映像に近づけると、そのたいまつに火が付く。

 ARマーカーの描かれた書籍に関しては、さまざまなコンテンツに流用できるため、SCEはワンダーブックを「ミニ・プラットフォーム」として位置付けている。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング