家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【E3プレビュー】「リビングルームに革命をもたらす」、任天堂がWii U対応ソフトなどを積極アピール

根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/06/06 08:05
印刷用ページ
図1 Wii Uを紹介
図1 Wii Uを紹介
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 宮本氏が登壇
図2 宮本氏が登壇
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 ピクミン3を紹介
図3 ピクミン3を紹介
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 ゲームパッドのディスプレイ(左画面)に表示された地図情報などを基にピクミン3を楽しむ
図4 ゲームパッドのディスプレイ(左画面)に表示された地図情報などを基にピクミン3を楽しむ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 左にゲームパッドに表示される画面、中央にテレビに表示される画面を映している。ゲームパッドを持ったユーザは、退治役の4名のユーザー位置などを把握しているが、Wiiリモコンを持った退治役のユーザーたちは、テレビ画面を見ても、おばけの位置は分からない。
図5 左にゲームパッドに表示される画面、中央にテレビに表示される画面を映している。ゲームパッドを持ったユーザは、退治役の4名のユーザー位置などを把握しているが、Wiiリモコンを持った退治役のユーザーたちは、テレビ画面を見ても、おばけの位置は分からない。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図6 テーマパークに見立てたニンテンドーランド
図6 テーマパークに見立てたニンテンドーランド
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図7 Ubisoft社のゲーム・タイトルを紹介
図7 Ubisoft社のゲーム・タイトルを紹介
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 任天堂は2012年6月5日午前(現地時間)、同日正午から開催される「E3」に先立って発表会を開催した。同発表会前に開催したWeb上の発表会「ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012」に続き、同社の次世代の据え置き型ゲーム機「Wii U」に関する追加情報を明らかにした(図1)。Wii Uを通じてゲーム・プレイや仲間とのゲームの楽しみ方を変えるだけでなく、テレビの楽しみ方を変えることで、「リビングルームに革命をもたらす」(同社)と意気込んだ(図1)。このうち、発表会で特に時間を割いたのは、対応ソフトを通じたゲームの楽しみ方や仲間とのゲームの楽しみ方の説明である。

 発表会の冒頭では、任天堂 取締役専務の宮本茂氏が登壇し、家庭用ゲーム機におけるWii Uのインパクトと、同氏がWii U向けに開発中のゲーム「ピクミン3」を紹介した(図2)。

 Wii Uはタブレット型のコントローラ「Wii Uゲームパッド」を備えたことで、据え置き型ゲーム機として初めて、「テレビから自立できた」(宮本氏)という。これで、「家庭用ゲーム機の歴史が大きく変わる」(同氏)とし、その意義を強調した。同氏はWii Uで、「家庭内におけるエンタテインメントの中心」の座を狙っており、ゲームパッドに搭載されたディスプレイについては、「家族が最初に触るディスプレイにしたい」との思いを語った。

 その後ピクミン3の紹介を始めた(図3)。ピクミンは、約10年前に据え置き型ゲーム機「ゲームキューブ」用タイトルとして登場した人気シリーズ。小さいキャラクター「ピクミン」を操作する「アクション・マネジメント・ゲーム」(宮本氏)である。国内外を問わず、その最新作に注目が集まっていた。

 発表会では、Wii Uのゲームパッドを使ってどのようにピクミン3を遊ぶのかについて説明した。例えば、ゲーム内の地図をゲームパッドのディスプレイに表示し、その情報を基にゲーム内のピクミンを配置する(図4)。宮本氏はピクミン3を通じて、手軽に遊べる「カジュアル・ゲーム」ではなく、じっくりと遊ぶゲームの楽しさを伝えたいとした。

非対称プレイで遊びの幅を広げる

 発表会ではピクミン3の他、Wii U向けタイトルを複数紹介した。その中で強調したのは、ゲームパッドのディスプレイを利用した「非対称」な遊び方である。これは、ゲームパッドを使うユーザーだけが、Wii Uを接続したテレビに表示された内容とは別の情報を見ながらゲームを楽しむというものだ。その例として、Wii Uと同時に発売予定のゲーム「ニンテンドーランド」内のおばけ退治のミニ・ゲームを例に説明した。例えば、ゲームパッドを持ったユーザーがおばけを配置し、Wiiリモコンを持ったユーザ4名がそのおばけを退治する。その際、ゲームパッドを持ったユーザーは、その画面で、退治役の4名のユーザー位置などを把握している。一方、Wiiリモコンを持ったユーザーたちは、テレビ画面を見てゲームを操作するが、そのテレビ画面を見ても、おばけの位置は分からない(図5)。おばけが近づいてきて、ようやく分かるようになる。こうした仕組みで、緊張感を高め、遊びの楽しさを拡大させる。

 なお、ニンテンドーランドは、Wii Uの楽しさや使い方などを理解できるようなミニ・ゲームを集めたもの。その名のとおり、テーマパークに見立てており、各ミニ・ゲームを「アトラクション」と位置付ける(図6)。同アトラクションは、12あるという。

WiiFitの最新作も紹介

 体重計型のコントローラ「Wiiバランスボード」を利用したフィットネス・ゲーム「WiiFit」シリーズの最新作「WiiFit U」も紹介した。ゲームパッドを活用して運動したり、運動の続きをゲームパッドの画面で行う様子を見せた。なお、WiiFitシリーズ(WiiFitと「WiiFitプラス」)は累計で4300万本売れているという。

 任天堂のWii U向けのゲーム・タイトルだけでなく、サードパーティのゲーム・タイトルも紹介した。中でも、フランスUbisoft社が手がけるタイトルについて時間を割いて紹介した(図7)。

 この他、Wii Uがゲームパッド2台にも対応することを初めて明らかにした。

 ゲーム・ソフトだけでなく、Wii Uにおける動画配信サービスへの対応について、一部紹介した。Netfix社やAmazon.com社、Hulu社のサービスに対応する他、YouTubeへの対応も明らかにした。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング