ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【SID】未来のディスプレイを実現する材料(1)AGCの戦略をカンパニープレシデントに聞く

北原 洋明=テック・アンド・ビズ
2012/06/06 02:42
印刷用ページ
 FPDの進化を支えていくのは、パネル技術、製造技術、そして材料技術の3つである。未来に向けて進化を続けるFPDを、材料技術の視点で、開催中のディスプレイ関連最大の学会「Socety for Information Display(SID)」のシンポジウムや展示会から追った。最初に取り上げるは、ディスプレイの基板として重要な役割を果たしてきたガラスである。AGC(旭硝子)で電子カンパニープレシデントを務める田村良明氏は、展示会場での実物の展示品を前に、前年(2011年)のSIDで発表した0.1mmの超薄板ガラスのこの1年間の進化と同社の戦略について熱く語った。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング