半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

「日本は仕組みで負け、技術でも負けている」

三宅 常之=Tech-On!
2012/05/31 08:00
印刷用ページ
東北大学教授の江刺正喜氏
東北大学教授の江刺正喜氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図1
図1
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2
図2
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3
図3
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「日本は技術で勝っているとよく言いますが、そうなのでしょうか」。技術力はあるのに経営に問題があって、半導体分野などで日本企業が国際的に窮地に立たされるようになった。そんなよく聞く論調に疑問を投げかけるのは、MEMS(微小電子機械システム)分野の研究で世界のトップを走り、国内外の多数の企業と共同研究を進めている江刺正喜・東北大学教授だ(関連記事)。

 ここ10年ほどの間に多くの企業がMEMS分野の市場に参入した。狙ったのは、スマートフォンなど携帯機器に搭載される加速度センサやマイク、プロジェクタ向けミラー・デバイス(DMDなど)である。これら多くの応用機器で、現在大きく売り上げているのは欧米メーカーだ(図1、関連記事)。日本メーカーの存在感は小さい。

 このような“日本企業完敗”の現状について説明するため、江刺氏はこんな例を挙げる。民生機器向け加速度センサ市場で大きな市場シェアを取っている伊仏STMicroelectronics社と独Robert Bosch社が採用している製造プロセス技術エピポリ(epi-poly)についてである。

 「エピポリは、スウェーデンUppsala Universityが研究を始めて、独Fraunhofer Institutesが仕上げたもの。それをSTとBoschが採用した。さらに仏Cea Leti MINATECが協力支援している」。

 欧州では、新しい技術を創出し、それを産官学の連携で実用化する仕組みが機能している。それが、STやBoschの成功の礎になっているというのだ。STはエピポリを「THELMA」と名付けた自社技術に昇華している。エピポリは高精度の動き検知に必要なSi厚膜の生成に適した技術だ。これに対して日本については、民間企業を成功に導くような技術創出力や、その技術を育てていく仕組みの面で不十分と、江刺氏の目には映る。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング