• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > ソニー・パナソニック・任天堂が上位、2012年2月の企業魅力度調査

ソニー・パナソニック・任天堂が上位、2012年2月の企業魅力度調査

  • 赤坂 麻実=Tech-On!
  • 2012/05/29 15:10
  • 1/1ページ

 人材サービス会社のランスタッド(東京都千代田区)は、「エンプロイヤーブランド・企業魅力度」調査を実施し、1位はソニーだったと発表した(ニュースリリース)。ランスタッドは、世界43カ国で人材サービスを提供するオランダRandstad Hording N.V.グループの日本法人。同社グループは1999年から「Ranstad Award」として国ごとに企業魅力度調査を実施しており、2012年は日本でも初めて開催した。

 上位10社にはソニー(1位)、パナソニック(3位)、任天堂(6位)、シャープ(9位)と、エレクトロニクス関連メーカーが4社入った。首位のソニーは、幅広い層からの支持を受け、特に35歳未満の若い世代にエンプロイヤー・ブランドが浸透しているという。なお、同社は2012年にスペインでも1位を獲得している。一方、自動車メーカーではホンダの18位が最高だった。

日本開催の「Ranstad Award 2012」上位20社
出典:ランスタッド
[画像のクリックで拡大表示]

 調査は2012年2月、18~65歳の男女8004人に、国内企業145社について「社名を知っているかどうか」と「その企業で働きたいかどうか」を問い、評価をまとめた。調査対象は、連結ベースで従業員数1000人以上の企業から売り上げ順で選定し、また「それらに準じる有力企業」を含めたという。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓