• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 【人とくるま展】NSK、斜面とローラ使い、操作力を小さくしたクラッチ機構を開発

【人とくるま展】NSK、斜面とローラ使い、操作力を小さくしたクラッチ機構を開発

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2012/05/25 19:41
  • 1/1ページ
 NSKは、斜面とローラを使い、操作力を小さくしたクラッチ機構を開発し、「人とくるまのテクノロジー展2012」(2012年5月23~25日)に出展した(図1)。商品名は「2ウエイクラッチ」。機能は外部から操作する普通のクラッチだが、摩擦板を押す力を大幅に小さくできる。引きずり抵抗を減らすために、エンジンやモータを駆動系から切り離すような用途を考えている。

おすすめ