お薦めトピック

Agilent社史上最大規模の買収、がん診断企業Dako社を22億米ドルで

2012/05/22 10:55
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline

 米Agilent Technologies社は、がん診断企業であるデンマークDako社を買収する。買収額は22億米ドルで、「Agilent社史上、最大規模の買収」になるという。

 Dako社は、がん診断ツールにおける世界有数の企業で、病理学研究機関向けに抗体や試薬、科学機器、ソフトウエアなどを提供している。化学分析やライフサイエンスの事業を手掛けているAgilent社にとっては、今回の買収によって自社の研究技術を戦略的に補完し、急拡大する診断市場における成長を狙う。「両社が一つになることで、がんと闘っていくための幅広い製品群の開発が可能となる」(同社)とする。


■関連記事(Agilent社のDNAチップを利用したがん検査技術)
【次世代の乳がん検査技術】第2回:DNAチップを使った予後予測検査サービス

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング