• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > アジレント、パワー半導体評価装置の測定範囲を1500A/10kVに拡張、GaN素子の電流コラプスも評価可能に

アジレント、パワー半導体評価装置の測定範囲を1500A/10kVに拡張、GaN素子の電流コラプスも評価可能に

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/05/07 00:00
  • 1/1ページ
 アジレント・テクノロジーは、パワー半導体評価装置「パワーデバイスアナライザー/カーブトレーサ」の測定範囲を1500A/10kVに機能拡張すると発表した。電圧を昇圧するユニット(装置)「N1268A」と、電流を増幅するユニット(装置)「N1265A」を新たに開発し、同社従来品「B1505A」に追加することで実現した。
【技術者塾】(8/29開催)
技術とビジネスモデルの比較で描く、世界の半導体メーカー実力マップ

~欧米、アジア企業の実力値、日の丸半導体の強み・弱み、そして未来像を探る~


世界の半導体業界を技術の視点で俯瞰し、半導体メーカーの実力値を紹介します。その上で、日系半導体メーカーの強みの技術を示します。半導体関連企業が事業戦略を立てる上で欠かせない、半導体メーカーの技術力の将来展望を描きます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月29日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓