• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > austriamicro、「業界初」をうたう携帯型電子機器向け雷センサーICを発売

austriamicro、「業界初」をうたう携帯型電子機器向け雷センサーICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/05/01 15:08
  • 1/1ページ
 オーストリアaustriamicrosystems AGは、「業界初」をうたう携帯型電子機器向け雷センサーIC「AS3935」を発売した。雲と地面の間で発生する雷光のほか、雲の内部で起こる雷光も検出できる。雷光によって発生する微弱な電磁波をRFレシーバ回路で受信する。この信号に加えて、過去の気象データを利用して開発した計算アルゴリズムを利用して、雷との距離を算出する。算出可能な距離は1k~40kmである。このICを搭載した機器のスイッチやモーター、周囲にある電子レンジなどが発生する電磁波が、雷の電磁波測定に影響を及ぼさないようにする機能を備えるという。同社によると、発売したICの有効性を確認するため、フィンランドと米国のフロリダでトライアル実験を行った。それによると、大型で複雑なシステムで測定した結果との間に高い相関関係を確認できたとしている。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓