アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

austriamicro、「業界初」をうたう携帯型電子機器向け雷センサーICを発売

山下 勝己=テクニカル・ライター
2012/05/01 15:08
印刷用ページ
 オーストリアaustriamicrosystems AGは、「業界初」をうたう携帯型電子機器向け雷センサーIC「AS3935」を発売した。雲と地面の間で発生する雷光のほか、雲の内部で起こる雷光も検出できる。雷光によって発生する微弱な電磁波をRFレシーバ回路で受信する。この信号に加えて、過去の気象データを利用して開発した計算アルゴリズムを利用して、雷との距離を算出する。算出可能な距離は1k~40kmである。このICを搭載した機器のスイッチやモーター、周囲にある電子レンジなどが発生する電磁波が、雷の電磁波測定に影響を及ぼさないようにする機能を備えるという。同社によると、発売したICの有効性を確認するため、フィンランドと米国のフロリダでトライアル実験を行った。それによると、大型で複雑なシステムで測定した結果との間に高い相関関係を確認できたとしている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング