• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > ケイズデザインラボ、デジタル3次元加飾「D3テクスチャー」で協業を拡大

ケイズデザインラボ、デジタル3次元加飾「D3テクスチャー」で協業を拡大

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2012/05/02 13:43
  • 1/1ページ
 ケイズデザインラボ(本社東京)は、3次元デジタルデータを用いてプラスチック製成形品の表面に模様や質感を造り込む「D3テクスチャー」技術について、金型メーカーやデザイン会社、関連デジタルツールの開発会社などとの協業を拡大する。D3テクスチャーを使った成形品については、ケイズデザインラボが高品位な質感デザインであることを認証し、ロゴの利用を許諾する。「類似のものが出始めているが質の劣悪なものも多く、デジタル技術を用いた表面加飾自体の評判を落としかねないので、高品位なものを認証、普及させることにしたい」(代表取締役の原雄司氏)との考えだ。
【技術者塾】(6/16開催)
低コスト設計を支える機械材料の知識

もう仕事で迷わない ものづくり基礎から徹底シリーズ


一般の環境下で使用する材料に絞り込み、実務面に重点を置いた材料の性質の読み方と、具体的な材料選定の手順を「料理レシピ」のように分かりやすく紹介します。熱処理についても、材料知識と合わせて解説します。 詳細は、こちら
日時:2016年6月16日
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

おすすめ