• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > ヴァイナス、最適化機能強化した流体解析設計支援ツールの新版

ヴァイナス、最適化機能強化した流体解析設計支援ツールの新版

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2012/04/26 12:15
  • 1/1ページ
ヴァイナス(本社大阪市)は、流体解析(CFD)向けの最適設計支援ツールの新版「SCULPTOR V3.1」(米Optimal Solutions Software社)を発売する。SCULPTORは、メッシュ・モーフィング機能と最適化機能を備えたツールで、メッシュをモーフィング(変形)しながら流体解析を繰り返して形状を最適化するもの。新版のV3.1では、最適化のアルゴリズムを複数搭載する「Optimization Control Center」(OCC)を追加して機能強化を図った。
【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格である、新しい要求分析手法「ニーズとものをつなぐQFD手法」のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ