• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > ヴァイナス、最適化機能強化した流体解析設計支援ツールの新版

ヴァイナス、最適化機能強化した流体解析設計支援ツールの新版

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2012/04/26 12:15
  • 1/1ページ
ヴァイナス(本社大阪市)は、流体解析(CFD)向けの最適設計支援ツールの新版「SCULPTOR V3.1」(米Optimal Solutions Software社)を発売する。SCULPTORは、メッシュ・モーフィング機能と最適化機能を備えたツールで、メッシュをモーフィング(変形)しながら流体解析を繰り返して形状を最適化するもの。新版のV3.1では、最適化のアルゴリズムを複数搭載する「Optimization Control Center」(OCC)を追加して機能強化を図った。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ