技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

鴻海CEO郭氏が激白、「最強の液晶工場を堺に作る」

大槻 智洋=日経エレクトロニクス特約記者、台北科技市場研究
2012/04/26 05:00
印刷用ページ
鴻海 CEOの郭台銘氏(写真:加藤 康)
鴻海 CEOの郭台銘氏(写真:加藤 康)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 台湾Hon Hai Precision Industry社(鴻海、通称Foxconn)CEOの郭台銘氏は、シャープおよび大阪府堺市にある液晶パネル工場の運営会社に出資した理由と展望を、日経エレクトロニクスに対し説明した。郭氏は、「日台協力の成功事例とすべく、全身全霊をささげる」と強調。主に2点述べた。(1)堺工場の生産能力を大幅に引き上げた後、2017年までに工場運営会社の株式を上場する。(2)液晶関連以外の分野でもシャープと積極的に提携していく。

堺工場は世界の宝


 郭氏は堺工場の価値を次のように認識している。「電子業界の多くの人は『堺工場の建設は間違いだった』『あれは不良資産だ』というが、私はそう思わない。第10世代というコスト競争力が高い製造プロセスを世界で最も早く実現しており、我々の予想を超えてラインが自動化されている。環境負荷も低い。こうした見方においてシャープ前社長の片山幹雄氏と私は完全に一致した」。

注)現在は取締役会長

 郭氏は、本当の問題は工場の生かし方にあったという。「パネル単体を売り歩いても、もはや世界の顧客は買わない。最終製品の設計・製造(ODM)サービスによって、もっと早く、もっと安くという世界の顧客の要求に応える。シャープは、自社ブランド品あるいは日本市場にこだわっていたのだろう。私はこの文化を変えるため、堺工場運営会社の社名を変更したい。Sakai International Corp.がよいのではないか」。

『日経エレクトロニクス』2012年4月30日号に関連記事あり

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング