• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > シャープが「クアトロン」技術を採用した液晶テレビ6機種を発表、国内最大の80型品も投入

シャープが「クアトロン」技術を採用した液晶テレビ6機種を発表、国内最大の80型品も投入

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2012/04/18 19:11
  • 1/1ページ
図1 液晶テレビとして国内最大となる80型品を用意した「AQUOS クアトロン Gシリーズ」
図1 液晶テレビとして国内最大となる80型品を用意した「AQUOS クアトロン Gシリーズ」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 色をどのように表現するべきかという補正をサブピクセルごとに行うことで、質感や色を忠実に再現できるようにした
図2 色をどのように表現するべきかという補正をサブピクセルごとに行うことで、質感や色を忠実に再現できるようにした
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 新開発の画像処理LSIを採用する
図3 新開発の画像処理LSIを採用する
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 「ホーム」ボタンを押したときに表示する画面で別の番組やインターネット上の関連情報などを推薦する「おすすめ選局ナビ」機能を備える
図4 「ホーム」ボタンを押したときに表示する画面で別の番組やインターネット上の関連情報などを推薦する「おすすめ選局ナビ」機能を備える
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 80型品の消費電力量は198kWh/年(見込み)で、2007年の42型品と同程度であるとする
図5 80型品の消費電力量は198kWh/年(見込み)で、2007年の42型品と同程度であるとする
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 シャープは2012年4月18日に、液晶テレビ「AQUOS クアトロン Gシリーズ」を発表した(発表資料)。Gシリーズは、RGBにY(イエロー)を加えた4色のカラー・フィルタを用いる「クアトロン」技術を採用したハイエンドの製品群である。液晶テレビとして国内最大となる80型から40型までの6機種を用意した。40型、46型、52型、60型の品種を2012年6月10日に、70型と80型の品種を同月20日に発売する。価格はオープン。実売想定価格は80型品が95万円前後、40型品が16万円前後である。

 シャープはGシリーズの製品コンセプトとして「臨場感を生む大画面」「放送やネットが身近になる」の二つを挙げた。大画面については、国内ユーザーのテレビの平均視聴距離が2.4mであるとし、その距離で臨場感が得られる60型以上の品種へのニーズが高まるとの見通しを示した。また、放送やVODの番組の存在を気付かせるネットワーク機能を搭載することで、テレビの新しい視聴体験が得られるとした。

 Gシリーズでは、映像のシーン解析に基づいて輪郭や明るさ、色をサブピクセル(計829万画素)ごとに補正する画像処理技術を搭載した。「クアトロン技術を使った液晶パネルを搭載した従来製品(Lシリーズなど)ではサブピクセルごとに明るさを補正することで精細感を高めていた。Gシリーズではそれに加えて、色をどのように表現するべきかという補正を行い、質感や色を忠実に再現できるようにした」(シャープ)。例えば黄色を表示するときに、RとGの組み合わせで表現するかYで表現するかを判断してサブピクセルごとに補正しているという。

 新開発の画像処理LSIを採用した。このLSIに集積するCPUをデュアルコア構成にすることで、映像のフレームごとの輝度や周波数を解析して補正モードを選択する処理を高速かつ高精度に実行できるようにした。

 ネットワーク関連機能としては、「ホーム」ボタンを押したときに表示する画面において、視聴中の番組や視聴履歴などに基づいて別の番組やインターネット上の関連情報などを推薦するようにした。「番組や情報との出会いを生む」(シャープ)ための仕組みである。具体的には、AQUOSユーザーが今見ている番組のランキング、VOD番組のランキング、登録したキーワード(最大5個)や視聴/録画の履歴に基づいて抽出した今後放送される番組、最近録画した番組、今見ている番組の関連Webサイトなどを表示する。どの情報を優先して並べるかを、ユーザーの利用履歴に応じて変えるようにしたという。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ