• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 東工大ら、電力性能で汎用機の3倍超の専用計算システムを開発

東工大ら、電力性能で汎用機の3倍超の専用計算システムを開発

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2012/03/26 17:13
  • 1/1ページ
 東京工業大学と一橋大学の研究グループは、天文シミュレーション用計算機「GRAPE-8」向けの低消費電力プロセサ・ボードを開発したと発表した。科学技術計算用計算機として世界最高の電力当たり性能(電力性能)を実現したという。同ボード1枚の電力性能は20.9GFLOPS/W。これ2枚とパソコンを組み合わせて動作させた場合は同6.5GFLOPS/Wである。このボードで計算可能な内容はほぼ決まっており汎用性は低いが、電力性能が高性能計算機(HPC)の将来を左右する状況の中、次世代HPCの一つのあり方を提示したといえそうだ。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ