家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

東京電力らが現在検討中のスマートメーター仕様を公開、通信方式にWi-SUNを活用へ

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/03/22 11:09
印刷用ページ

 原子力損害賠償支援機構と東京電力は2012年3月21日、現在検討中のスマートメーターの通信機能の基本仕様を公開した。検討中の仕様に対して外部から広く意見を募るのが目的。同日より2012年4月20日まで意見を受け付ける(東京電力のプレスリリース(外部サイト))。

 今回示されたのは東京電力が考えるスマートメーターに求められる機能と、検討中の通信方式および無線マルチホップ型スマートメーターのシステム概要である。求められる機能としては、(1)30分ごとの検針値収集(再送制御を含む)、(2)センターからのスマートメーターの設定・制御、(3)検針員の持つ検針装置とのPeer to Peer通信、(4)ECHONET Liteに準拠した宅内通信機能、(5)通信傍受やなりすまし、データ改ざん、サービス妨害などを排除するセキュリティー、(6)センター側からのソフトウエア・アップデート――の六つがあるとした。

 通信方式としては、「無線マルチホップ通信」、「1:N無線通信」、「PLC方式」の三つの採用を検討しているとした。無線マルチホップ方式は比較的低出力の無線を用い、他のスマートメーターなどを経由してバケツリレーのようにデータを伝送する方式である。最終的にはセンター側とのゲートウエイとなる集線機(コンセントレーター)でデータを集める。1:Nは比較的高出力の無線を使う方式で、基地局との間で直接データをやり取りする。PLCは電力線を通信媒体として使う方式である。無線マルチホップ方式は一般の住宅エリア、1:N無線方式は山間部など建物が点在するエリア、PLC方式は高層の建物の密集エリアで利用することを想定している。また、1:N通信方式については他社が提供する広域の無線通信サービスを利用することを考えているという。

 無線マルチホップ型スマートメーターの仕様としては、920MHz帯を利用し、物理層としてIEEE802.15.4g、MAC層としてIEEE802.15.4eを利用することを検討しているが明らかになった。IEEE802.15.4g/4eは、NICTや東京ガス、富士電機などが主導して策定した規格で、「Wi-SUN Alliance」が普及を推進するものである(Tech-On!の関連記事)。このほか、伝送速度は100kビット/秒、電波の出力20mW以下、DC5V入力で最大1W動作、コンセントレータ1台あたり500台程度のスマートメーターを接続、といった仕様も示された。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング