• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【新しいiPad分解 その2】ヒートガンと樹脂製ヘラが分解に大活躍

【新しいiPad分解 その2】ヒートガンと樹脂製ヘラが分解に大活躍

  • 日経エレクトロニクス分解班
  • 2012/03/19 20:53
  • 1/1ページ
iPadの分解用に用意したヒートガンと樹脂製ヘラ
iPadの分解用に用意したヒートガンと樹脂製ヘラ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
iPad 2の前面ガラスを外しているところ
iPad 2の前面ガラスを外しているところ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
きれいに外れた新しいiPadの前面ガラス
きれいに外れた新しいiPadの前面ガラス
[クリックすると拡大した画像が開きます]

その1から続く)

 いよいよ分解である。今回は、比較用として用意した中古のiPad 2、新しいiPadのWi-Fiモデル、新しいiPadのWi-Fi+4Gモデルの3台を同時に分解することにした。

 iPad 2では、タッチ・パネルを内蔵した前面ガラスが両面テープで接着されている。前回のiPad 2の分解では当初そのことを知らず、ガラスを破損してしまった(Tech-On!の関連記事)。

 新しいiPadもほぼ同じ構造だと考えられる。そこで同じ失敗を繰り返さないため、今回は接着剤を温めて柔らかくするヒートガン(工業用熱風加工機)を用意した。ヘアドライヤーを強力にしたような機器である。「傷を付けずにはがせる」という触れ込みで売っていたカーボン樹脂製のヘラも用意した。

 まずはiPad 2で練習である。最初はなかなかコツがつかめなかったが、まず角の周囲をヒートガンを熱し、マイナスドライバでこじ開けることで、隙間ができた。あとは、ガラスを少しずつ温めながらヘラで両面テープをはがしていくだけだ。4辺の両面テープをすべてはがすことで、ガラスを割ることなく無事に外すことができた。用意したヘラは、期待していた以上に使いやすかった。

 ただ、iPad 2ではタッチ・パネルからメイン基板に伸びるフレキシブル・ケーブルを少し傷つけてしまった。そこで、新しいiPadの2台は、フレキシブル・ケーブルがあると思われる部分は特に慎重にはがしていった。その結果、これら2台は、タッチ・パネルのフレキシブル・ケーブルも無傷の状態ではずすことができた。

 前面ガラスを外した後は、4個のビスを外すだけで液晶パネルを取り外せる。新しいiPadから現れたのは、iPad 2よりも巨大化した2次電池だった。

その3に続く)

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ