• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 【ケーススタディ】設計者の付帯業務削減を狙う --- クラリオン

【ケーススタディ】設計者の付帯業務削減を狙う --- クラリオン

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2012/03/29 00:00
  • 1/1ページ
クラリオンが2009年春にPDMを導入した直接のきっかけは,ザナヴィ・インフォマティクスとの合併(同年4月)だった。両社ともカーステレオやカーナビなど,車載用機器を造っている。合併により,同じような業務の実行に二つの異なった業務プロセスが存在,という困った状況に突入しつつあった。そこで,単に業務プロセスを統合するだけでなく,従来の問題点を一掃しよう,とクラリオンは考えた。
【技術者塾】(8/24開催)
車載用樹脂製品のための樹脂材料の勘所


自動車部品に多く使われる樹脂材料を採り上げ、その基礎知識だけでなく、演習を通じて実務に役立つ実践力の習得を狙います。事例には、多くの自動車部品を採り上げて理解を深めます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 8月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓