家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【新しいiPad分解 その1】たしかに画面は鮮明になったが、“劇的”かどうかは感じ方次第

日経エレクトロニクス分解班
2012/03/16 16:28
印刷用ページ
発売されたばかりの新しいiPad
発売されたばかりの新しいiPad
[クリックすると拡大した画像が開きます]
標準アプリ「マップ」の航空写真をiPad 2で表示した画面の拡大写真。ドットの存在が明確に分かる(干渉でドットが強調されているが、実物はもう少しきれいである)
標準アプリ「マップ」の航空写真をiPad 2で表示した画面の拡大写真。ドットの存在が明確に分かる(干渉でドットが強調されているが、実物はもう少しきれいである)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
上とほぼ同じ大きさの航空写真を新しいiPadで表示したところ。明らかに鮮明なのが分かる
上とほぼ同じ大きさの航空写真を新しいiPadで表示したところ。明らかに鮮明なのが分かる
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Wi-Fi+4Gモデルの背面。電波が通るように上部が樹脂製のカバーになっている。右側にはマイクロSIMスロットが見える
Wi-Fi+4Gモデルの背面。電波が通るように上部が樹脂製のカバーになっている。右側にはマイクロSIMスロットが見える
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Apple社は2012年3月7日に新しい「iPad」を発表した(Tech-On!の関連記事)。2048×1536画素で解像度264ppiの高精細液晶パネル「Retinaディスプレイ」を搭載した製品だ。日経エレクトロニクス分解班は、発売日の同月16日に製品を早速入手した。

 「ぱっと見は従来製品のiPad 2とほとんど同じだな」というのが分解班の第一印象である。厚さはiPad 2より0.6mm増えたが、iPad 2を横に並べて高さを比べない限り、分からない程度の差だ。重さも約50g増えているが、手に持ってみても、それほど重くなったという感じはしない。ボタンやスイッチ、コネクタもiPad 2から変わっていない。

 肝心の液晶画面だが、入手前は「劇的にきれいになっているはず」と思っていた。しかし、実際にiPad 2と新しいiPadの画面を比べても、すぐにはあまり差が感じられない。少し肩透かしを食った感じだ。両者の差が分かるような高精細な画像サンプルをWebサイトで探してみたが、そうした画像はiPad 2でも十分きれいに見える。

 それでも、画面に目を近づけて細かい点を見てみると、明確な差があった。アイコンの名前の文字は、iPad 2ではドットが見えるのに対し、新しいiPadではドットは感じられない。アイコン自体も新しいiPadの方が鮮明できれいだ。

 iPad 2と新しいiPadの表示の差が最も如実に表れたのは、日本経済新聞電子版のiPad向けアプリだった。日本経済新聞の記事に書いてある通りである。画面全体に紙面を表示した場合、iPad 2では地の文の文字がつぶれて読めなくなってしまうが、新しいiPadでは文字がつぶれず表示される。もっとも、この大きさの文字を読むのは、若者ならいいが老眼ではつらい。結局、文章を読むときは拡大することになるので、実は利便性にはそれほど影響しないかもしれない。

 もう一つ、差が感じられた例が標準アプリ「マップ」の航空写真である。建物を拡大してみると、明らかに新しいiPadの方が鮮明だった。ためしに、通りかかった社員に航空写真を表示した両者を見せて、「どちらが新しいiPadだと思うか」と尋ねてみたところ、iPad 2の方を「写真がややぼけた印象」、新しいiPadの方を「写真が鮮明」と答えた。事前情報がなくても判別できる程度には違うということだ。

 使っていて気になったのは発熱である。新しいiPadは、使っているうちに、縦方向に持ったときの左下が暖かくなってくる。持てなくなるほど熱くなるわけではないが、iPad 2では発熱を感じることはほとんどなかったのとは対照的だ。

 ちなみに、新しいiPadは通信方式としてLTEに対応しているのも特徴だ(この製品のLTEは、日本では今のところ使用不可)。そこで今回は、「Wi-Fiモデル」に加えて「Wi-Fi+4Gモデル」も入手した。両者を分解して比較する予定である。

その2に続く)

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング