電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

セイコーエプソンやトヨタが上位に、日本国内のワイヤレス給電特許分析

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/03/13 10:00
印刷用ページ
セイコーエプソンが1位、トヨタ自動車が3位と位置づけている
セイコーエプソンが1位、トヨタ自動車が3位と位置づけている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
パテント・スコア分析
パテント・スコア分析
[クリックすると拡大した画像が開きます]
権利者別の年推移も示した
権利者別の年推移も示した
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 パテント・リザルトは、日本国内の非接触給電(ワイヤレス給電)関連特許について、分析結果を発表した(関連ページ)。同社は先日、米国特許における総合力分析を発表していたが、今回は日本国内の特許に関するもの(Tech-On!の関連記事)。同社独自の特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて、参入企業の特許総合力を調査した。

 同社が算出した総合力のランキング評価によれば、1位はセイコーエプソン、2位はAccess Business Group、そして3位はトヨタ自動車となった。4位にはパナソニック電工(パナソニック)、そして5位は米Qualcomm社と位置付けている。

 この結果についてパテント・リザルトは、「特筆すべき点はAccess Business Groupが2位に、トヨタ自動車が3位に入っていること。2位のAccess Business Groupは米国特許でも総合力1位となっており、日米で強さを見せた。なお、米国特許において総合力が高かったMIT及びWiTricity社の日本への出願は、MITが数件あるのみで、WiTricity社による出願は見られない」と指摘している。総合力1位としているセイコーエプソンに関しては、「2007年に大量に出願している。ただし、その後出願数が減少しており、総合力の伸びも鈍化している」と分析する。一方で、5位のQualcomm社の出願件数が、顕著に伸びているという。

 トヨタ自動車の出願傾向についてパテント・リザルトは、「他の総合力上位企業が軒並みエレクトロニクス系企業である中、唯一自動車メーカーとしてランクインした。他社の出願は電磁誘導方式が多いが、トヨタ自動車は共鳴方式に関する出願が多い。また多くの出願が豊田自動織機との共同出願となっているが、個別に評価が高い特許はトヨタ自動車の単独出願となっている」(同社)という。

 これらの企業以外では、件数の多さでソニーや三洋電機(パナソニック)、個別力では東芝や昭和飛行機工業が目立つとしている。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング