• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWC】高性能・低価格タブレット端末を武器に新興国を攻略―MIPS担当者

【MWC】高性能・低価格タブレット端末を武器に新興国を攻略―MIPS担当者

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2012/03/02 09:34
  • 1/1ページ
米MIPS Technologies社Principal Architect, MobileのAmit Rohatgi氏
米MIPS Technologies社Principal Architect, MobileのAmit Rohatgi氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「新興国では安価でありながらも、高性能なタブレットやスマートフォンが求められている。まずここを狙うことでモバイルの分野を開拓する」。米MIPS Technologies社Principal Architect, MobileのAmit Rohatgi氏は2012年3月1日、「Mobile World Congress 2012」の会場において日経エレクトロニクスの取材に応じ、このように語った。

 現在、ほぼすべてのスマートフォンにはARMアーキテクチャに基づいたアプリケーション・プロセサが使われている。これがMIPSをスマートフォンに浸透させる壁となっている。AndroidのNDK(native development kit)を使って開発されたアプリケーション・ソフトウエアは、ARM用のバイナリ・プログラムを含むため、そのままでは動作しない。

 これに対して、Rohatogi氏は新興国ではあまり大きな問題ではないとした。当面の主要ターゲットである新興国ではタブレット端末やスマートフォンは「Android Market」ではなく、独自のマーケットと組み合わせて提供される場合が多いため、アーキテクチャの違いを気にしないからである。さらに、ノルウェーOpera Software社を始めとしてゲーム開発会社などが既にMIPS版Androidアプリの開発に乗り出しているため、ソフトウエアは今後充実してくるという。

 これを後押しするために、中国AINOVO社とともに「Novo7 Paladin」という79米ドルのタブレットを開発している。さらに、HDMIやマルチ・タッチ・センサを持つ次世代品も開発済みで115ドル程度で2012年第2四半期にも出荷を開始できるという。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ