• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWC】高性能・低価格タブレット端末を武器に新興国を攻略―MIPS担当者

【MWC】高性能・低価格タブレット端末を武器に新興国を攻略―MIPS担当者

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2012/03/02 09:34
  • 1/1ページ
米MIPS Technologies社Principal Architect, MobileのAmit Rohatgi氏
米MIPS Technologies社Principal Architect, MobileのAmit Rohatgi氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「新興国では安価でありながらも、高性能なタブレットやスマートフォンが求められている。まずここを狙うことでモバイルの分野を開拓する」。米MIPS Technologies社Principal Architect, MobileのAmit Rohatgi氏は2012年3月1日、「Mobile World Congress 2012」の会場において日経エレクトロニクスの取材に応じ、このように語った。

 現在、ほぼすべてのスマートフォンにはARMアーキテクチャに基づいたアプリケーション・プロセサが使われている。これがMIPSをスマートフォンに浸透させる壁となっている。AndroidのNDK(native development kit)を使って開発されたアプリケーション・ソフトウエアは、ARM用のバイナリ・プログラムを含むため、そのままでは動作しない。

 これに対して、Rohatogi氏は新興国ではあまり大きな問題ではないとした。当面の主要ターゲットである新興国ではタブレット端末やスマートフォンは「Android Market」ではなく、独自のマーケットと組み合わせて提供される場合が多いため、アーキテクチャの違いを気にしないからである。さらに、ノルウェーOpera Software社を始めとしてゲーム開発会社などが既にMIPS版Androidアプリの開発に乗り出しているため、ソフトウエアは今後充実してくるという。

 これを後押しするために、中国AINOVO社とともに「Novo7 Paladin」という79米ドルのタブレットを開発している。さらに、HDMIやマルチ・タッチ・センサを持つ次世代品も開発済みで115ドル程度で2012年第2四半期にも出荷を開始できるという。

【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓