家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】ドコモ障害の元凶「スマホの状態遷移」をEricssonが可視化

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/03/02 09:27
印刷用ページ
上がAndroid 2.3、下がiPhoneの場合
上がAndroid 2.3、下がiPhoneの場合
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 スウェーデンEricsson社は「Mobile World Congress 2012」(スペイン・バルセロナ市、2月27日~3月1日)においてスマートフォンの通信の状態遷移のソフトウエア・プラットフォームによる違いを可視化する展示をしている。

 展示で比較しているのは、Android 2.3、Android 4.0、iPhoneの通信状態。YouTubeのコンテンツを視聴する際の通信モードの遷移と、通信速度を時系列で見せていた。HSPAに対応した通信機器の場合、通信状態としては、通信をしていない「Idle」、高速通信をしている「HSPA」の間に「URA」と「FACH」を加えた四つモードを遷移する。離れた通信モードの間を激しく遷移するほど、ネットワークに制御信号が大量に流れる。これにより、端末の消費電力と基地局側の処理負荷が大きくなる。つまり、状態遷移をあまり起こさない端末の方が、ネットワークへの負荷が少なく消費電力が低い。

 結果は、iPhoneとAndroid 4.0が、Idle状態から一気にHSPA状態まで遷移して、データを一気にダウンロードし、その後はほとんどモードを変化させない。これに対し、Android 2.3はデータを小刻みにダウンロードするために状態遷移を頻繁に行う。

 NTTドコモが2012年1月に起こしたネットワークの大規模障害はIP電話やチャット・サービスなどが定期的に通信を発生させるために、モードの変化が頻繁に起こり、サーバーの処理負荷が大きくなって障害が起きたとされている。今回の展示は、プラットフォームの作りこみ次第で、制御信号を減らせることを示している。。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング