• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWC】ドコモ障害の元凶「スマホの状態遷移」をEricssonが可視化

【MWC】ドコモ障害の元凶「スマホの状態遷移」をEricssonが可視化

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2012/03/02 09:27
  • 1/1ページ
上がAndroid 2.3、下がiPhoneの場合
上がAndroid 2.3、下がiPhoneの場合
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 スウェーデンEricsson社は「Mobile World Congress 2012」(スペイン・バルセロナ市、2月27日~3月1日)においてスマートフォンの通信の状態遷移のソフトウエア・プラットフォームによる違いを可視化する展示をしている。

 展示で比較しているのは、Android 2.3、Android 4.0、iPhoneの通信状態。YouTubeのコンテンツを視聴する際の通信モードの遷移と、通信速度を時系列で見せていた。HSPAに対応した通信機器の場合、通信状態としては、通信をしていない「Idle」、高速通信をしている「HSPA」の間に「URA」と「FACH」を加えた四つモードを遷移する。離れた通信モードの間を激しく遷移するほど、ネットワークに制御信号が大量に流れる。これにより、端末の消費電力と基地局側の処理負荷が大きくなる。つまり、状態遷移をあまり起こさない端末の方が、ネットワークへの負荷が少なく消費電力が低い。

 結果は、iPhoneとAndroid 4.0が、Idle状態から一気にHSPA状態まで遷移して、データを一気にダウンロードし、その後はほとんどモードを変化させない。これに対し、Android 2.3はデータを小刻みにダウンロードするために状態遷移を頻繁に行う。

 NTTドコモが2012年1月に起こしたネットワークの大規模障害はIP電話やチャット・サービスなどが定期的に通信を発生させるために、モードの変化が頻繁に起こり、サーバーの処理負荷が大きくなって障害が起きたとされている。今回の展示は、プラットフォームの作りこみ次第で、制御信号を減らせることを示している。。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ