• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWC】ドコモ障害の元凶「スマホの状態遷移」をEricssonが可視化

【MWC】ドコモ障害の元凶「スマホの状態遷移」をEricssonが可視化

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2012/03/02 09:27
  • 1/1ページ
上がAndroid 2.3、下がiPhoneの場合
上がAndroid 2.3、下がiPhoneの場合
[画像のクリックで拡大表示]

 スウェーデンEricsson社は「Mobile World Congress 2012」(スペイン・バルセロナ市、2月27日~3月1日)においてスマートフォンの通信の状態遷移のソフトウエア・プラットフォームによる違いを可視化する展示をしている。

 展示で比較しているのは、Android 2.3、Android 4.0、iPhoneの通信状態。YouTubeのコンテンツを視聴する際の通信モードの遷移と、通信速度を時系列で見せていた。HSPAに対応した通信機器の場合、通信状態としては、通信をしていない「Idle」、高速通信をしている「HSPA」の間に「URA」と「FACH」を加えた四つモードを遷移する。離れた通信モードの間を激しく遷移するほど、ネットワークに制御信号が大量に流れる。これにより、端末の消費電力と基地局側の処理負荷が大きくなる。つまり、状態遷移をあまり起こさない端末の方が、ネットワークへの負荷が少なく消費電力が低い。

 結果は、iPhoneとAndroid 4.0が、Idle状態から一気にHSPA状態まで遷移して、データを一気にダウンロードし、その後はほとんどモードを変化させない。これに対し、Android 2.3はデータを小刻みにダウンロードするために状態遷移を頻繁に行う。

 NTTドコモが2012年1月に起こしたネットワークの大規模障害はIP電話やチャット・サービスなどが定期的に通信を発生させるために、モードの変化が頻繁に起こり、サーバーの処理負荷が大きくなって障害が起きたとされている。今回の展示は、プラットフォームの作りこみ次第で、制御信号を減らせることを示している。。

【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ