家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】「11acに対して6カ月遅れ」、ミリ波無線団体「WiGig」議長が語る

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/03/02 07:18
印刷用ページ
President 兼 ChairmanのAli Sadri氏
President 兼 ChairmanのAli Sadri氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 60GHz帯のミリ波を使う高速無線インタフェースの業界団体「WiGig(The Wireless Gigabit Alliance)」の会長であるAli Sadri氏は、Mobile World Congress 2012の会場で日経エレクトロニクスのインタビューに応じ、同団体の活動状況について語った。

 それによれば、WiGig準拠の機器をロゴ認証するプログラムは、2013年の後半から始まる予定という。当初は2012年中という目標も示していたが、開始予定が後ろにずれ込んだ格好である。5GHz帯を使うもう一つの次世代無線LANである「IEEE802.11ac」に関するロゴ認証(Wi-Fi Allianceによるもの)は、2012年末から2013年初めには開始されるとみられていることから、「11acに比較すると、6カ月ほど遅れて進んでいる」(Sadri氏)という。

 WiGigが利用するIEEEの無線規格はIEEE802.11adであり、この規格は11acよりも先に、ほぼ仕様が固まっていた。にも関わらず、ロゴ認証開始が11acの方が先に始まる予定で、逆転してしまったことについてSadri氏は「11acの方が無線ICを作りやすいからだろう。11acは、構成面では11nとそれほど大きな違いは無い。一方で11adは、ミリ波を活用するということもあり、より開発が困難である」と、ミリ波IC開発の方が難易度が高いためとした。

 一方で、WiGigの有力メンバーに中国Huawei社や中国ZTE社が加わったことに触れ、「WiGigのエコシステムは引き続き拡大している」と、普及に向けた仲間作りは着々と進んでいるとの認識を示した。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング