家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】Googleは今年もAndroidコミュニティ支援、日本人開発者も参加

大谷 晃司=ITpro
2012/03/01 19:13
印刷用ページ
写真1●米Googleのブースの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年2月27日から3月1日までスペイン・バルセロナで開催されているMobile World Congress 2012では、今年も昨年に続き米GoogleがAndroidコミュニティを支援するブースを設け、同社から選ばれた35のアプリ開発会社がブース内でデモを実施している(写真1)。

 ブースの構成は昨年とほぼ同様。アプリ開発会社がドロイド人形の周りでデモを実施し、ブース奥では発表されたばかりのAndroid搭載スマートフォンの実機を見ることができる(写真2)。

 昨年と異なるの米IntelがGoogleブース内にコーナーを設けている点(写真3)。Intelは、中国レノボ、中国ZTE、米モトローラ・モビリティなどと提携しており、2012年中には同社のプロセッサ「Atom」を採用するAndroid搭載スマートフォンが登場する予定である。

写真2●Googleブース奥の実機展示コーナー
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Googleブース内のIntelコーナー
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●日本人開発者として唯一デモコーナーに参加していた米Catchの井伊秀和氏
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリ開発会社のデモスペースに目を向けると、昨年は見られなかった日本人の姿があった。Googleブース内でデモをしているのは35社。その中の1社に選ばれた米Catchのジャパンカントリーマネージャー 井伊秀和氏である(写真4)。同社はNFC(Near Field Communication)を使ったアイデアの共有アプリをデモしている。

 井伊氏によるとGoogleからブース内のデモスペースの提供を受けるためには、普段からGoogle(米国本社)との付き合いがあることが大事で、Google側から声をかけられたという。ただし、実際の出展社数よりも多くの会社に声がかけられており、その後Googleによるデモ内容等の審査がある。その審査を通過して初めて出展が決まるという。

―― ITpro「MWC2012 特番サイト」はこちら ――

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング