• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWC】Googleは今年もAndroidコミュニティ支援、日本人開発者も参加

【MWC】Googleは今年もAndroidコミュニティ支援、日本人開発者も参加

  • 大谷 晃司=ITpro
  • 2012/03/01 19:13
  • 1/1ページ
写真1●米Googleのブースの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年2月27日から3月1日までスペイン・バルセロナで開催されているMobile World Congress 2012では、今年も昨年に続き米GoogleがAndroidコミュニティを支援するブースを設け、同社から選ばれた35のアプリ開発会社がブース内でデモを実施している(写真1)。

 ブースの構成は昨年とほぼ同様。アプリ開発会社がドロイド人形の周りでデモを実施し、ブース奥では発表されたばかりのAndroid搭載スマートフォンの実機を見ることができる(写真2)。

 昨年と異なるの米IntelがGoogleブース内にコーナーを設けている点(写真3)。Intelは、中国レノボ、中国ZTE、米モトローラ・モビリティなどと提携しており、2012年中には同社のプロセッサ「Atom」を採用するAndroid搭載スマートフォンが登場する予定である。

写真2●Googleブース奥の実機展示コーナー
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Googleブース内のIntelコーナー
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●日本人開発者として唯一デモコーナーに参加していた米Catchの井伊秀和氏
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリ開発会社のデモスペースに目を向けると、昨年は見られなかった日本人の姿があった。Googleブース内でデモをしているのは35社。その中の1社に選ばれた米Catchのジャパンカントリーマネージャー 井伊秀和氏である(写真4)。同社はNFC(Near Field Communication)を使ったアイデアの共有アプリをデモしている。

 井伊氏によるとGoogleからブース内のデモスペースの提供を受けるためには、普段からGoogle(米国本社)との付き合いがあることが大事で、Google側から声をかけられたという。ただし、実際の出展社数よりも多くの会社に声がかけられており、その後Googleによるデモ内容等の審査がある。その審査を通過して初めて出展が決まるという。

―― ITpro「MWC2012 特番サイト」はこちら ――

【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ