• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【MWC】NVIDIAがLTEのデモ、Tegra 3とIceraチップで実現

【MWC】NVIDIAがLTEのデモ、Tegra 3とIceraチップで実現

  • 大谷 晃司=ITpro
  • 2012/03/02 22:32
  • 1/1ページ
写真1●米NVIDIAがTegra 3とICERAチップを組み合わせたLTEのデモを公開
写真1●米NVIDIAがTegra 3とICERAチップを組み合わせたLTEのデモを公開
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年2月27日から3月1日までスペイン・バルセロナで開催中のMobile World Congress 2012(MWC)で米NVIDIAはLTEのデモを初めて一般に公開している(写真)。タブレット端末の試作機に、アプリケ―ションプロセッサとしてクアッドコアの「Tegra 3」、LTE対応のベースバンドチップとして「ICERA 410 LTE」を実装。展示会場内に設置されたLTE対応基地局を介してインターネットに接続している。

 NVIDIAのICERAシリーズは、同社が2011年5月に買収したベースバンドチップベンダーである英Icera(当時)の技術を基に開発したもの。ICERA 410 LTEは複数の周波数帯に対応するが、今回のLTEのデモでは700MHz帯を使っているという。今回の組み合わせを採用した製品は、2012年中には登場するという。

 NVIDIAはLTEのベースバンドチップに関して、米GCT Semiconductorおよびルネサスエレクトロニクスの子会社であるRenesas Mobileと共同開発するとの発表をしているが、今回のデモで使っているICERAシリーズとは別製品。同社が複数のLTEソリューションを用意するのは、通信方式の進化の速さに対応するためであるとし、ベースバンドチップ単体での提供とSoCとしての提供の両方のLTEソリューションを端末メーカーなどに提示できるようにする。

―― ITpro「MWC2012 特番サイト」はこちら ――

おすすめ