半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

【MWC】NVIDIAがLTEのデモ、Tegra 3とIceraチップで実現

大谷 晃司=ITpro
2012/03/02 22:32
印刷用ページ
写真1●米NVIDIAがTegra 3とICERAチップを組み合わせたLTEのデモを公開
写真1●米NVIDIAがTegra 3とICERAチップを組み合わせたLTEのデモを公開
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2012年2月27日から3月1日までスペイン・バルセロナで開催中のMobile World Congress 2012(MWC)で米NVIDIAはLTEのデモを初めて一般に公開している(写真)。タブレット端末の試作機に、アプリケ―ションプロセッサとしてクアッドコアの「Tegra 3」、LTE対応のベースバンドチップとして「ICERA 410 LTE」を実装。展示会場内に設置されたLTE対応基地局を介してインターネットに接続している。

 NVIDIAのICERAシリーズは、同社が2011年5月に買収したベースバンドチップベンダーである英Icera(当時)の技術を基に開発したもの。ICERA 410 LTEは複数の周波数帯に対応するが、今回のLTEのデモでは700MHz帯を使っているという。今回の組み合わせを採用した製品は、2012年中には登場するという。

 NVIDIAはLTEのベースバンドチップに関して、米GCT Semiconductorおよびルネサスエレクトロニクスの子会社であるRenesas Mobileと共同開発するとの発表をしているが、今回のデモで使っているICERAシリーズとは別製品。同社が複数のLTEソリューションを用意するのは、通信方式の進化の速さに対応するためであるとし、ベースバンドチップ単体での提供とSoCとしての提供の両方のLTEソリューションを端末メーカーなどに提示できるようにする。

―― ITpro「MWC2012 特番サイト」はこちら ――

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング