• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWC】Qualcomm Atherosが11acの試作システムを披露、80MHzチャネルを活用

【MWC】Qualcomm Atherosが11acの試作システムを披露、80MHzチャネルを活用

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2012/03/01 05:20
  • 1/1ページ
2台の端末で、無線通信の動作を実演した。左の端末画面上に表示されているのが、データ伝送速度である
2台の端末で、無線通信の動作を実演した。左の端末画面上に表示されているのが、データ伝送速度である
[画像のクリックで拡大表示]

 米Qualcomm Atheros社は、「Mobile World Congress 2012」の会場で、次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」準拠の無線チップセットを用いた伝送システムを披露した。

 Qualcomm Atheros社は11ac準拠のチップセットについて開発発表をしているが、実際に伝送システムを公開したのは今回が初めてになる。このシステムでは、200Mビット/秒を超えるデータ伝送速度を確保しているという。

 11ac準拠のシステムとして高速化するために、80MHzのチャネル帯域幅を活用している。そのために、20MHz幅の周波数チャネルを4本束ねて(チャネル・ボンディング)、80MHzとして用いている。1次変調方式には64値QAMを用いており、アンテナ多重数は1である。80MHzチャネルで64値QAMを使って1×1で伝送した場合に、物理層のデータ伝送速度は最大290Mビット/秒程度となるとしている。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ