家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】Qualcomm Atherosが11acの試作システムを披露、80MHzチャネルを活用

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/03/01 05:20
印刷用ページ
2台の端末で、無線通信の動作を実演した。左の端末画面上に表示されているのが、データ伝送速度である
2台の端末で、無線通信の動作を実演した。左の端末画面上に表示されているのが、データ伝送速度である
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Qualcomm Atheros社は、「Mobile World Congress 2012」の会場で、次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」準拠の無線チップセットを用いた伝送システムを披露した。

 Qualcomm Atheros社は11ac準拠のチップセットについて開発発表をしているが、実際に伝送システムを公開したのは今回が初めてになる。このシステムでは、200Mビット/秒を超えるデータ伝送速度を確保しているという。

 11ac準拠のシステムとして高速化するために、80MHzのチャネル帯域幅を活用している。そのために、20MHz幅の周波数チャネルを4本束ねて(チャネル・ボンディング)、80MHzとして用いている。1次変調方式には64値QAMを用いており、アンテナ多重数は1である。80MHzチャネルで64値QAMを使って1×1で伝送した場合に、物理層のデータ伝送速度は最大290Mビット/秒程度となるとしている。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング