• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】タブレットで攻勢かけるSamsung、10.1型の「Galaxy Note」、「Galaxy Tab 2」を公開

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/02/28 05:38
1/1ページ
Galaxy Note 10.1の実機を、ブース内に多数配置した
Galaxy Note 10.1の実機を、ブース内に多数配置した
[クリックすると拡大した画像が開きます]
10.1型でWXGA(1280×800画素)のTFT液晶パネルを備える「Galaxy Note 10.1」
10.1型でWXGA(1280×800画素)のTFT液晶パネルを備える「Galaxy Note 10.1」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
10.1型のGalaxy Tab 2
10.1型のGalaxy Tab 2
[クリックすると拡大した画像が開きます]
7型のGalaxy Tab 2
7型のGalaxy Tab 2
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Galaxy Ace Plus
Galaxy Ace Plus
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Galaxy mini 2は3.27型と小型のディスプレイを搭載
Galaxy mini 2は3.27型と小型のディスプレイを搭載
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 韓国Samsung Electronics社は、従来の5.3型から大幅に画面サイズを拡大した10.1型の「Galaxy Note 10.1」を開発、MWC 2012の会場で初公開した。

 専用のペンで手書き入力できることで人気の「Galaxy Note」の大画面版となる。さらに、「Galaxy Tab」の次世代版「Galaxy Tab 2」を2品種発表するなど、タブレット端末を積極展開する姿勢を示した。会場ブースでは、Galaxy NoteおよびGalaxy Note 10.1を中心に配置し、ペン入力できる端末の魅力をアピールしようと、似顔絵を描くコーナーまで設置している。

 Galaxy Note 10.1は、10.1型でWXGA(1280×800画素)のTFT液晶パネルを備え、最大動作周波数が1.4GHzのデュアルコア構成のマイクロプロセサで駆動する。ソフトウエア・プラットフォームには、米Google社の「Android 4.0(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)」を採用する。外形寸法は256.7 mm×175.3mm×8.9 mmで、重さは583g。容量が7000mAhと、大容量のLiイオン2次電池を搭載する。

 Galaxy Tab 2は、TFT液晶パネルの画面サイズが10.1型と7型の2品種を用意した。こちらもAndroid 4.0を採用するが、マイクロプロセサの最大動作周波数は1GHzである。同社は先日、7.7型の有機ELパネルを用いる「Galaxy Tab 7.7」も発表しており、会場ではこれらを並べて展示している。

 このほかSamsung社は、スマートフォンの新機種として、最大動作周波数が800MHzのデュアルコア・プロセサで駆動する「Galaxy Ace 2」や、3.27型と小型ディスプレイを搭載する「Galaxy mini 2」、プリインストールしたゲーム機能などを特徴とする「GALAXY S WiFi 4.2」、さらに「Galaxy S Advance」などを展示した。ハイエンドからミッドレンジ、またローエンドに近いものまで、Galaxyシリーズの裾野の広さを誇示していた。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング