家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】「カードを組み込むだけでワイヤレス給電対応に」、Duracell Powermatが携帯機器向け非接触充電カードを開発

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/02/27 20:42
印刷用ページ
Wireless Charging Card。型番は「Wi8845912」と記載されている
Wireless Charging Card。型番は「Wi8845912」と記載されている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
スマートフォンのLiイオン2次電池の脇に設置し、電極を接続する
スマートフォンのLiイオン2次電池の脇に設置し、電極を接続する
[クリックすると拡大した画像が開きます]
さまざまな携帯機器に、容易に組み込めることをアピールしている
さまざまな携帯機器に、容易に組み込めることをアピールしている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
WiCCとの関係性は不明だが、WiCCのブース脇には、樹脂基板に実装した薄型コイル品を展示していた
WiCCとの関係性は不明だが、WiCCのブース脇には、樹脂基板に実装した薄型コイル品を展示していた
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Duracell Powermat社は、既存のスマートフォンの電池付近に組み込むだけで、端末を非接触充電対応にできるカード「WiCC:Wireless Charging Card」を開発、MWCの会場に出展した。

 SDメモリーカードを一回り大きくしたような形状のカードに、電磁誘導方式の非接触充電に利用するためのコイルや、電極などを組み込んでいるもよう。積層基板内に、プリント印刷でコイルを形成したためか、カードの厚みは薄く、既存のスマートフォンの電池の脇に挿入して利用できるという。同社は「これを使えばさまざまな携帯機器を、容易に非接触充電対応にできる」(Duracell Powermat社)としている。先ごろDuracell Powermat社は、IEEEにおいて非接触充電に関する団体「Power Matters Alliance (PMA)」を同社を中心に立ち上げており、WiCCはその標準規格であるという。標準規格化することで、広く利用を働き掛ける狙いとみられる。

 MWCの会場では、WiCCのモックアップとみられるカードを展示しながら、非接触充電できることをアピールした。供給できる電流の大きさなどは不明。Duracell Powermat社は、非接触充電の業界団体であるWPC(wireless power consortium)に加盟しているが、WPCが策定した標準規格「Qi」などとの互換性については特に言及していない。会場ではこのほか、スマートフォン用電池パックに組み込めるような薄型の非接触充電モジュールなどを出展していた。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング