• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWC】「カードを組み込むだけでワイヤレス給電対応に」、Duracell Powermatが携帯機器向け非接触充電カードを開発

【MWC】「カードを組み込むだけでワイヤレス給電対応に」、Duracell Powermatが携帯機器向け非接触充電カードを開発

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2012/02/27 20:42
  • 1/1ページ
Wireless Charging Card。型番は「Wi8845912」と記載されている
Wireless Charging Card。型番は「Wi8845912」と記載されている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
スマートフォンのLiイオン2次電池の脇に設置し、電極を接続する
スマートフォンのLiイオン2次電池の脇に設置し、電極を接続する
[クリックすると拡大した画像が開きます]
さまざまな携帯機器に、容易に組み込めることをアピールしている
さまざまな携帯機器に、容易に組み込めることをアピールしている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
WiCCとの関係性は不明だが、WiCCのブース脇には、樹脂基板に実装した薄型コイル品を展示していた
WiCCとの関係性は不明だが、WiCCのブース脇には、樹脂基板に実装した薄型コイル品を展示していた
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Duracell Powermat社は、既存のスマートフォンの電池付近に組み込むだけで、端末を非接触充電対応にできるカード「WiCC:Wireless Charging Card」を開発、MWCの会場に出展した。

 SDメモリーカードを一回り大きくしたような形状のカードに、電磁誘導方式の非接触充電に利用するためのコイルや、電極などを組み込んでいるもよう。積層基板内に、プリント印刷でコイルを形成したためか、カードの厚みは薄く、既存のスマートフォンの電池の脇に挿入して利用できるという。同社は「これを使えばさまざまな携帯機器を、容易に非接触充電対応にできる」(Duracell Powermat社)としている。先ごろDuracell Powermat社は、IEEEにおいて非接触充電に関する団体「Power Matters Alliance (PMA)」を同社を中心に立ち上げており、WiCCはその標準規格であるという。標準規格化することで、広く利用を働き掛ける狙いとみられる。

 MWCの会場では、WiCCのモックアップとみられるカードを展示しながら、非接触充電できることをアピールした。供給できる電流の大きさなどは不明。Duracell Powermat社は、非接触充電の業界団体であるWPC(wireless power consortium)に加盟しているが、WPCが策定した標準規格「Qi」などとの互換性については特に言及していない。会場ではこのほか、スマートフォン用電池パックに組み込めるような薄型の非接触充電モジュールなどを出展していた。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ