家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】Mobile World Congress 2012がまもなく開幕

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/02/26 19:39
印刷用ページ
開幕前日のMWC会場前
開幕前日のMWC会場前
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 モバイル関連の世界最大の展示会「Mobile World Congress 2012」が、2012年2月27日(現地時間)にスペイン・バルセロナで開幕する。閉幕は同年3月1日。

 今年のMobile World Congressでは、1400社以上が出展し、米Google社Executive ChairmanのEric Schmidt氏、米Facebook社CTOのBret Taylor氏などが講演する。また、初めて自動車メーカーとして米Ford Motor社Executive ChairmanのWilliam Clay Ford Jr.氏が講演する。

 今回は、特にスマートフォンに関する話題が盛りだくさんだ。例えば、以下のようなテーマである。米Apple社の「iPhone/iPad」や米Google社の携帯電話向けソフトウエア・プラットフォーム「Andoroid」を搭載したスマートフォンに押され失速気味のフィンランドNokiaが米Microsoft社と組んで、どのように盛り返してくるのか。海外に捲土重来を期す、NECやパナソニックモバイルコミュニケーションズ、富士通などの日本の携帯電話機メーカーが存在感を示せるのか。無線LAN、Bluetoothに続き、スマートフォンの標準通信インタフェースになると目されるNFC(near field communication)で、携帯電話機メーカー、サービス事業者がどのような使い道を見せてくるのか。携帯電話機メーカーが、先進国向けのスマートフォンでどのような新機能を盛り込み、新興国や若年層を狙った100米ドル以下スマートフォンをどのような形態で打ち出してくるのか、といったものだ。

 開幕の前日となる同年2月26日は、韓国LG Electronics社、中国Huawei Technologies社、ソニーモバイルコミュニケーションズ、台湾HTC社の新製品発表会がある。Tech-On!では、期間中、速報記事をお送りする予定だ。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング