家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWCプレ】Qualcom Atheros、802.11ac対応の通信用LSIを発表

小島 郁太郎=Tech-On!
2012/02/24 20:34
印刷用ページ

 米Qualcomm Atheros Inc.は、 IEEE 802.11acに対応する通信用LSI「WCN3680」を発表した(ニュース・リリース1)。このLSIは、1ストリームの802.11acのほかにBluetoothやFM放送にも対応するコンボチップである。

 スマートフォンやタブレットPCを狙ったLSIで、Qualcomm Inc.のアプリケーション・プロセサである「Snapdragon S4 APQ8064」や「同MSM8960」のコンパニオン・チップとして使う。この組み合わせで最大433Mビット/秒のデータ・レートを実現できるという。今回のチップは、Qualcomm Atherosの802.11n対応の通信用LSI「WCN3660」とピン互換で、機器を802.11ac対応へと容易にアップ・グレード可能とする。

 Qualcomm AtherosはWCN3680のサンプル出荷を2012年の第2四半期に開始する予定である。また、同社は、このチップのデモンストレーションを2012年2月27日からスペインのバルセロナで開催の「MWC 2012」で行う。

 今回、WCN3680のほかに、今後、提供予定の802.11ac対応の通信用LSIも紹介している。例えば、スタンドアローンで使う、802.11ac/a/b/g/nとBluetoothのコンボチップとして、3ストリームの「QCA9860」と2ストリームの「QCA9862」を提供する。物理層の処理速度は1.3Gビット/秒である。さらに、民生機器向けの802.11ac/a/b/g/n対応の通信LSIで3ストリームの「QCA9880」と2ストリームの「QCA9882」、企業向けネットワーク向けの802.11ac/a/b/g/n対応の通信LSIで3ストリームの「QCA9890」と2ストリームの「QCA9892」もある。

 上記のQualcomm Atherosの発表とは別に、Qualcommはモデム製品のブランド名「Gobi」の適用範囲を広げると発表した(ニュース・リリース2)。これまでGobiは3GとLTEモデムのブランドとして使ってきたが、今後はベースバンド処理LSIの「MDM」チップセットを含む、すべてのモデム製品に適用する。なお、Qualcommは2011年末時点で、累計2億5000万個以上のモデム・チップを出荷している。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング