• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWCプレ】Qualcomm Atheros、802.11ac対応の通信用LSIを発表

【MWCプレ】Qualcomm Atheros、802.11ac対応の通信用LSIを発表

  • 小島 郁太郎=Tech-On!
  • 2012/02/24 20:34
  • 1/1ページ

 米Qualcomm Atheros Inc.は、 IEEE 802.11acに対応する通信用LSI「WCN3680」を発表した(ニュース・リリース1)。このLSIは、1ストリームの802.11acのほかにBluetoothやFM放送にも対応するコンボチップである。

 スマートフォンやタブレットPCを狙ったLSIで、Qualcomm Inc.のアプリケーション・プロセサである「Snapdragon S4 APQ8064」や「同MSM8960」のコンパニオン・チップとして使う。この組み合わせで最大433Mビット/秒のデータ・レートを実現できるという。今回のチップは、Qualcomm Atherosの802.11n対応の通信用LSI「WCN3660」とピン互換で、機器を802.11ac対応へと容易にアップ・グレード可能とする。

 Qualcomm AtherosはWCN3680のサンプル出荷を2012年の第2四半期に開始する予定である。また、同社は、このチップのデモンストレーションを2012年2月27日からスペインのバルセロナで開催の「MWC 2012」で行う。

 今回、WCN3680のほかに、今後、提供予定の802.11ac対応の通信用LSIも紹介している。例えば、スタンドアローンで使う、802.11ac/a/b/g/nとBluetoothのコンボチップとして、3ストリームの「QCA9860」と2ストリームの「QCA9862」を提供する。物理層の処理速度は1.3Gビット/秒である。さらに、民生機器向けの802.11ac/a/b/g/n対応の通信LSIで3ストリームの「QCA9880」と2ストリームの「QCA9882」、企業向けネットワーク向けの802.11ac/a/b/g/n対応の通信LSIで3ストリームの「QCA9890」と2ストリームの「QCA9892」もある。

 上記のQualcomm Atherosの発表とは別に、Qualcommはモデム製品のブランド名「Gobi」の適用範囲を広げると発表した(ニュース・リリース2)。これまでGobiは3GとLTEモデムのブランドとして使ってきたが、今後はベースバンド処理LSIの「MDM」チップセットを含む、すべてのモデム製品に適用する。なお、Qualcommは2011年末時点で、累計2億5000万個以上のモデム・チップを出荷している。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓