家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWCプレビュー】Huaweiがミリ波無線団体「WiGig」の主導企業に

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/02/23 21:23
印刷用ページ

 高速無線インタフェースの業界団体「WiGig(The Wireless Gigabit Alliance)」は、同団体の主導企業(Board of Directors)として、中国Huawei Technologies社が新たに加わることを明らかにした(発表資料)。

 WiGigは、パソコンやテレビ、スマートフォンなどのデジタル家電機器間を、60GHz帯の高速無線インタフェースで接続するための伝送仕様策定を目指した業界団体。無線通信仕様のMAC層および物理層を規定している。

 WiGigの主導企業には既に、米Intel社や米Broadcom社、米Cisco Systems社、米Qualcomm Atheros社など、無線LAN業界の大手メーカーが名を連ねている。同団体は、2012年2月27日からスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2012」において、会員企業各社の開発事例などを個別に紹介する予定としている。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング