• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 苦境の国内半導体業界に、再編の機運再び

苦境の国内半導体業界に、再編の機運再び

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/02/08 22:09
  • 1/1ページ

 日本経済新聞は2012年2月8日付の朝刊で、ルネサス エレクトロニクスと富士通、パナソニックが半導体の主力事業を統合する方向で協議を始めた、と報じた。3社がシステムLSI(SoC)事業を切り出し、産業革新機構が出資して半導体設計会社を設立するという。併せて、半導体を受託生産する新会社を設立する方向とした。

 この報道に対し、ルネサス エレクトロニクスと富士通はそれぞれプレス・リリースを通じてコメントを発表した(ルネサス エレクトロニクスのリリース富士通のリリース)。いずれも「報道された内容は当社から発表したものではなく、決定した事実もない」という趣旨であり、報道内容そのものを否定したものではない。

 「国内半導体メーカー各社にとって、SoC事業の抜本的な改善が大きな課題であることは間違いない」。ある国内半導体メーカーの関係者は、各社が置かれた現状をこのように語る。今回の報道で名前が挙がった3社はいずれも、SoC事業ではデジタル民生機器向けを中心に不振が続いている。

 国内各社はここ2~3年の間に、投資負担の重い先端SoCの製造を外部委託する事業モデルへ転換したが、その効果は表れていない。国内機器メーカー向けのカスタム品(ASIC)を事業の柱としてきた各社が、機器メーカーとともに低迷を続けているのが現状だ。デジタル民生機器の販売価格が下落を続けている中、こうした機器向けのSoCでは、東アジアのファブレス企業などが強みを発揮している。

 2011年の東日本大震災や欧州の経済危機、長引く円高などは、国内半導体メーカーにSoC事業の抜本改革を強いる決定打となる可能性が高い。富士通は上述のプレス・リリースにおいて、「半導体事業改善のためにあらゆる可能性を検討している」ことを認めている。この姿勢は国内各社に共通のものだろう。今回報道された3社による協業は、そうした模索における有力な選択肢の一つになりそうだ。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓