• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【EV・HEV展/国際カーエレ】車載用でも静電容量方式、タッチ・パネル3社が展示

【EV・HEV展/国際カーエレ】車載用でも静電容量方式、タッチ・パネル3社が展示

  • 田中 直樹=Tech-On!
  • 2012/01/20 13:31
  • 1/1ページ
 車載機器向けの静電容量方式タッチ・パネルを、日本航空電子、翔栄、SMKの3社が、開催中の展示会「第3回EV・HEV駆動システム技術展」および「第4回国際カーエレクトロニクス技術展」(1月18~20日、東京ビッグサイト)で展示している。いずれも2012年に量産を開始するタッチ・パネルである。車載機器向けではこれまで抵抗膜方式が使われていたが、ここへ来て、静電容量方式を採用する機運が高まっている。
【技術者塾】
「決定版! アナログ回路技術者に必須のオペアンプを完全理解」(2016年6月23日(木))


オペアンプを基礎から十分に理解できていなければ、アナログ回路を設計したり応用したりすることはできません。本講座では、オペアンプの役割から詳細設計、実際に使用されているオペアンプの応用までを1日でマスターします。詳細は、こちら
日時:2016年6月23日(木)10:00~17:00
会場:化学会館(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ