家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】PrimeSense対抗のSoftKinetic社、次世代品は「性能を高めつつ、大幅に低価格化」

内田 泰=日経エレクトロニクス
2012/01/16 17:51
印刷用ページ
2012年内に発売予定のDS320
2012年内に発売予定のDS320
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ベルギーguru training systems社と共同開発した、ゴルフ用のスイング解析ソフトウエア「Swinguru」 の画面
ベルギーguru training systems社と共同開発した、ゴルフ用のスイング解析ソフトウエア「Swinguru」 の画面
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ベルギーのSoftKinetic社は、同社の既存品よりも大幅に性能を高めつつ、低価格化を実現できるとする、ジェスチャー入力装置「DS320」の試作機を公開した。

 SoftKinetic社は、独自の距離画像センサを使ったジェスチャー入力技術を開発する。同社の技術は、対象物に光を照射して反射光をカメラで捉え、その反射光の到達時間から対象物までの距離を計測するTOF(time of flight)方式を用いる。

 DS320は、同社が2011年12月に発売した「DS311」の後継機となる。DS311からの主な改良点は以下である。(1)検出対象物の走査に、従来の赤外LEDに代えて赤外レーザを採用した。これによって省電力化が可能なほか、反応速度の向上や信号のノイズが減るために精度の向上も望める。(2)対象物からの反射光を捉える赤外CMOSセンサのが画素数を4倍に高めた。DS311では画素数はQQVGA(160×120ドット)だったが、DS320ではQVGA(320×240ドット)になる。(3)斜め方向の検出角度(field of view)を従来の73°から91~92°に広げた。

 同社は現在、この技術を中国のゲーム機メーカーなどに提供しているが、今後はテレビ、セットトップ・ボックス(STB)など家電製品への組み込みを狙っている。DS311の価格は499米ドルだが、DS320は「単体では99米ドルで販売することも可能」(同社)としている。発売の予定は2012年末である。

 距離画像センサを用いたジェスチャー入力装置では、米Microsoft社の「Kinect」や台湾ASUSTek Computer社の「Xtionシリーズ」に同センサなどを提供するイスラエルPrimeSense社も、テレビやSTBへの搭載を目指している。TOF方式は、PrimeSense社の技術よりもコストが高いとされてきたが、DS320の投入によって低コスト化を果たし、応用の裾野を広げたい考えだ。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング