• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【麻倉怜士CES報告10】RealDがコントラスト比を驚異的に向上させた液晶シャッター・メガネを開発

【麻倉怜士CES報告10】RealDがコントラスト比を驚異的に向上させた液晶シャッター・メガネを開発

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2012/01/16 16:42
  • 1/1ページ
 3次元(3D)対応テレビのディスプレイで見る2D映像(当然、裸眼)の画質は良いのだが、3D映像を液晶シャッター・メガネで見ると「どうもコントラスト比が甘い」という体験をすることが多い。これはメガネの問題であると、米RealD社製の液晶シャッター・メガネで見て分かった。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓