• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CES】スマートテレビの体験を安く簡単に、Roku社がUSBフラッシュ・メモリ大のアダプターを開発

【CES】スマートテレビの体験を安く簡単に、Roku社がUSBフラッシュ・メモリ大のアダプターを開発

  • 内田 泰=日経エレクトロニクス
  • 2012/01/16 15:30
  • 1/1ページ
USBフラッシュ・メモリ・ドライブ大のRoku Streaming Stick
USBフラッシュ・メモリ・ドライブ大のRoku Streaming Stick
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Roku社は、寸法がUSBフラッシュ・メモリ・ドライブ程度と小さい映像配信サービス用アダプター「Roku Streaming Stick」を開発した。テレビのHDMIインタフェースに差し込むだけで、Netflix、Hulu Plusなどインターネット経由の映像配信、ゲームなどのアプリケーションといった400以上のサービスを受けられる。スマートテレビと同様の体験を、テレビへの接続の手間が不要な小型アダプターで簡単に実現できる点が最大のメリットとしている。

 Roku社は現在、上記と同様のサービスを提供する小型セットトップ・ボックス(STB)を販売している。こちらは使用時にHDMI、Ethernet、電源のそれぞれのケーブルを接続する必要がある。

 これに対してRoku Streaming Stickは、テレビのHDMIインタフェースに差し込むだけで使える。インターネットには内蔵するWiFi経由で無線接続し、電力はテレビから供給を受ける。このため、HDMIを通じて電源供給が可能なMHL規格に対応したテレビでのみ使用可能である。同社が提供する既存のSTBと同様、テレビ用のリモコンで操作できるという。

 Roku Streaming Stickの発売は、2012年第2四半期の予定。単体での販売のほかに、テレビ・メーカーがセット販売するケースも出てくるという。単体での価格は未定だが、「50~100米ドルになる」(同社)としている。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ