家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士CES報告8】同軸ケーブルで超高速ホームネットワーク、「MoCA 2.0」がデビュー

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2012/01/15 18:34
印刷用ページ
MoCAの概念図。筆者が撮影。
MoCAの概念図。筆者が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
スループット結果。筆者が撮影。
スループット結果。筆者が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
16個の端末を使い、同時にアクセスするテスト。筆者が撮影。
16個の端末を使い、同時にアクセスするテスト。筆者が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ホームネットワーク用の有線メディアとして米国では、テレビ放送の伝送に使用される同軸ケーブルを用いて通信を行う「MoCA(Multimedia over Coax Alliance)」が注目されている。外来の雑音(ノイズ)に強い、速い、安定している……というメリットが受け入れられ、現在、米国の1000万世帯以上がMoCAによりホームネットワークをしているという。すでに5000万個以上のMoCA向けチップが市場に出荷されているという。

 MoCA規格は2005年12月にバージョン1.0、2007年10月に1.1、2009年に2.0が策定されているが、今回の「International CES」で初めて2.0対応機器がデビューした。最大の眼目がスピード向上。バージョン1.0では135Mビット/秒(MACrate)だったが、「MoCA 2.0は16個の端末を使い同時にアクセスしてもスループット400Mビット/秒(MACrate)が確保されます。Turbo Modeは1対1で500Mビット/秒を確保可能です」と、MoCAのリーダーシップを握る米国の半導体ソリューション会社Entropic Communication社の日本支社であるEntropic Communication Japan 代表取締役の八巻明氏は言った。

 「もう一つ、マルチバンド対応のリファレンス・デザインの発表も重要と認識しています。日本ではあまり見られない光景ですが、米国ではコネクトテレビ/スマートテレビの増加が著しく、ゲームコンソール、BDプレーヤーなどをバーチャルなセットトップ・ボックスとして使用するケースが増えています。このような環境において、ケーブル、衛星、通信から来るコンテンツを、ホームネットワークにて自動的に認識し、ユーザーに負担をかけることなくMoCaが機能するというものです」。日本での展開の重要性も認識しているという。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング